テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」 yuccobear.exblog.jp

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。


by gift-from-mom
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

季節は終盤です^^

今年も早、11月12月と迎えます。

すっかり寒くなりましたが、皆さんお元気ですか?

私の家では、リビングにストーブをついに出しましたよ。


さて、この週末は、鞆の茶屋蔵で「GATE」上映会がありました。私もサポートで参加しました。

台風はおかげ様でそれてくれましたが、あいにく土砂降りの雨^^;

そんな大変の中での上映会となりました。

足元が悪い中足を運んでくださった方に心からありがとうです^^

茶屋蔵は、50名でいっぱいになるアットホームな映写会となりました。

スクリーンは、シーツを二枚あわせての手作り上映会で、椅子もパイプ椅子をひとつひとつ並べます。

映写機も質の高いものを無償で提供してくださった方がいらっしゃったといわれてます。

鞆チームの皆さんは、一同に、この上映会が多くの暖かい方の支援に支えられて実現できたと喜びがひとしおの様子でした。そして、団結力も増したようでした。おめでとうございました。


どうやら、「GATE」の映画上映は、いつのまにか多くの人をだきこんでの上映会となるようですね。。。

次回は、どちらで開催されるかまた楽しみです^^

私もこの映画を6回観たことになりますが、毎回感動でなりません。

人生の中で同じ映画を6回も観ることとなったのもこの映画がはじめてです。

マット監督さんの最後のスクリーンの言葉、「What can you do it?」(あなたは何が出来ますか?)

先日のマザーの言葉「愛は、言葉ではなく行動です」  と重なります。。。。



さて、私にとっての11月12月はベア創作にとっても、この1年の集大成です。

12月は、また東京での展示会。

そしてクリスマスは、韓国テディベアコンベンションへと。

私のような創作家は、創作してなんぼのもんです。口で10語るよりも1つのベアを見ていただくことが

何よりの大切な事です。手を動かしてなんぼもん。ということですね^^

(その創作が日々の生活の中で、うまく進まなくても、こつこつとね。そして、そのこつこつと出来るものに出合った私は、幸せ者かもしれません。)

さて、そしてもうひとつ!

福山の隣町笠岡市にある児童施設にクリスマスの日、テディベアをプレゼントすることとしました。

私の生徒さんにも協力をあおいでおります。生徒さん、ありがとうです。

ここの施設、私の生徒さんが3名もかかわったことのある児童施設です。

親が子供を育てられない現実の中、その子たちがこちらへとあずけられていると聞きました。

今年、福山では2歳の女の子が虐待されて亡くなるというニュースは大変ショックでしたし、

この夏、アトリエの前のマンションの子どもが親に叱られ、罵倒されている声がこだましたのも

私にとってサインとなりました。

ベアは癒し、そして一番の友達になります。

ガラスの棚に飾っているベアがあるなら、触ってもらおう!と.

幸いにも、生徒さんが関わっている施設ということもあって、またこれもサインとなりました。


未就学児10名です。11月末までにアトリエへと持ってきてくださる生徒さん私の方へご連絡お願いしますね。メールでかまいません。sunflowers.125@docomo.ne.jp





季節は、代わります。

私の人生という旅の途中、どうやら変わり目を迎えているようです。

しかし、どんなに変わろうとも変わらないものがあるということも真実です。

その変わらないものを大切にしていきたい。

それは、目には見えないものかもしれませんね。皆さんとの友情もそうですね。。

いつもありがとうです。そして、テディベア、大好きです^^


心から。
[PR]
by gift-from-mom | 2010-11-02 09:52 | テディベアの魅力