テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」

yuccobear.exblog.jp

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。

頭の中はドイツ、ドイツ、もうひとつおまけにドイツです!^^

さて、

年をあけてからの私はというと、

春にドイツで開催されるテディベアトータルに出展するべく準備が進んでいます。

準備といっても今心をいっぱいにしているのはエアーチケットなんですけれどね^^

4月出発だと今チケット予約はとてもお徳なんです。

いつもとにかく格安で、それでいてドイツらしいドイツを満喫し、快適に過ごすことを目的にしています。

季節は申し分ありません。

長い冬が終わったドイツの春は、緑が豊かで大地の息吹というものは、こんなに凄いのかと心を躍らせてくれます。

車窓から見るドイツの高速脇の雄大に広がる大地は春の野菜や、緑の牧草に、そしてその草を食む馬や牛や羊の群に、きらきらと輝いています。

想像するほどに、あの景色が目に浮かびますし、鳥たちの鳴き声も耳に聞こえてきます。

ドイツに恋しているような気持ちです。

そして、今年は、どんな日程にしようかと東京の友と毎日ウキウキと計画中です!

目的は、テディベアトータルという世界のアーティストが集まる会場での出会い、コンテスト。

そして、今年もドイツのお師匠でもある有名なテディベア作家のガビィ先生にオールドテディの修理を習います。
(7月には、先生を鞆の浦におよびしてのワークショップを予定しています。)

ドイツは、フランクフルトを経由して北にミュンスターという街があるのですがそこからタクシーで1時間、田舎道を走り、レダという田舎街まで。そちらでテディベアトータルが開催されます。

今年は、フランクフルトから北東にメルヘン街道を通り、途中赤ずきんちゃんの故郷アスフェルトという田舎街へ計画中です。その街は、300年以上の前の古き木組みの家が残る田舎街です。

わあ~~~~~!!ドキドキしてきました。一年に一度のご褒美をかねてのドイツの旅です♪

テディベアが運んでくれた見えない豊かさに心から感謝です。
テディベアと出会わなかったら、私は年に一度、ドイツへ行こうと思うこともなかったし行くこともなかったでしょう!

そして、生徒にテディベアの魅力や故郷のドイツの良さを伝えることもなかったし、何よりもテディベアの先生をすることもなかったと思います。

また、ドイツへ行きながら、日本の良さも再意識することはなかったと思います。
私は、海外へ行くと自分が日本人であることをより強く感じます。

ドイツへ恋しつつ、やはり日本が一番と思ってしまうのです。。
そして、私を育ててくれたここ備後地方をとても大切に思うのです。

戻れる故郷があるからまた、ドイツの旅も堪能できるのかもしれないですね。
日にちの備後での私の生活があって、ドイツがあるような気がします。

それでは、またです。


皆さんにとっても、日にちの生活を充実して過ごされますようにと祈ります。

心から。
[PR]
by gift-from-mom | 2011-01-19 11:31 | ドイツ

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。


by gift-from-mom