テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」 yuccobear.exblog.jp

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。


by gift-from-mom
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

地元福山での展示会のご案内です♪


 皆様、

 ご無沙汰しています。

 すっかりと秋模様ですね。そして、めっきりと寒くなりました。

 皆様におかれましては、如何お過ごしでしたか?

 私は、この4月にドイツで大変な賞を頂いてから、また初心に戻り、そして何よりも私らしい作品作りとは?
 とゆっくりと身体を休めながら原点に還っておりました。

 なかなかブログも更新せず、どうしておるのか?と

 心配してくださった皆様、ありがとうございます。

 元気でおりますよ~~~!!^^

 私にとってのこの時期の創作の原点還りは、とてもいい時間であり、これからの力となってくる予感がいたします。

  私にとっての創作とは、「祈りである」

 このことがよりはっきりとした時期を過ごしておりました。

 また、一番私の魂に勇気づけてくれたものは、日本の古い道具達でした。
 手間暇かけて仕上げた木彫りのお盆や、こね鉢、お茶碗。

 なんと古き良き時代の古人が残してくれた文化に出会う機会があり、日本の文化の素晴らしさを堪能する時間を過ごしておりました。
 お世話になったBird'S BARのオーナーと奥様に心から感謝です。
 
 ドイツのベアにも通じるものがあります。

 最初にこの5ジョイントのベアを生み出したマルガリータさんが、なぜ、金額的に高くても子供たちにこのテディベアを創り、遺していきたかったか?です。

 テディベアとともに過ごす時間の大切さを伝えたかったからではないでしょうか?
 それでは、ちょっとやそっとで壊れてもらっては困るのです。
 ですから、本物の生地を創り、ガラスの目やそして手間暇も合わせて作られたのではないでしょうか?



 皆さんにそのテディベアの素晴らしさを知ってもらいたいとこれかも頑張って創作していきますね。

 さて、いつもお世話になっているアヴァンセさんで、

 オーナーの三阪さん、そしてカルトナージュの平川さんと3人展をすることになりました。

 テディベアは、4月に賞を頂いた「こゆきちゃん」と「メアリーちゃん」も持参しますね
c0173826_14191919.jpg

 トロフィーも持参いたしますので、大勢の方に見て頂き、喜んで頂きたいですね^^


  <3人の作家によるクリスマスを彩る作品展>

 場所   「アヴァンセ」  尾道市高須406-18
       電話番号    0848-56-1725

日時   11月18日(金)~19日(土)
        10:00~18:00
  
 作品展示と販売も行います。
 

 どうぞ、皆さんお足をお運びくださいませ。


 



 

 

 
[PR]
by gift-from-mom | 2011-10-28 14:20 | 作品展