テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」

yuccobear.exblog.jp

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。

明日は、3月11日、もう一年ですね。

 
 昨年の11日。

 私たちは、心に残るおおきな衝撃を受けましたね。

 自然の威力の前に、無力を感じ、そして、人の命の大切も感じました。

 大変な、破壊が起こった中で、不安の多い中で、

 ガレキの中から、小さな花が咲いたとニュースになりもしました。

私は、そこに希望を感じてなりません。

 全てを破壊され、全てを失ったと思っている中、果たして本当に全てを失うこととなったのでしょうか?

 私たちは、全てをなくしていなかった。

 人の心の中に、暖かいものも溢れて来ましたね。

 地震の影響で、福島の大地も放射能で汚れてしまいました。

 たくさんの動物や、食物が死にました。

 小さき動植物達の声なき声を、祈りに変えて行きたいと思ってこの作品を創作しました。

 私の祈りと願いでもあります。

 


c0173826_20542367.jpg


The title is "Our Wish"
May the earth be abundant
May all creatures return to Fukushima in Japan
(たくさんの虫たちが日本の福島に戻ってきますように。。)
 
* The name is "Angel Rosy".


* 30 cm
* German mohair
* 10 mm glass-eyes (black)
* 5 joints

The title is "Flower Garden".
* Dress Material: Japan silk velvet
     Lining: Cotton
* Ribbon Embroidery: Roses
* with pearl beads and lace


* All handmade
* Material: Wool


 ♥ 亡くなられた多くの方のご冥福を心から祈ります。

   また、大切な家族、大切な友を心の準備もなく、亡くされた多くの人の為にも心から祈りたいと思います。

   私たちは、亡くなられた方の分まで、多いに人生と言う時を楽しみ、明日亡くなったとしても、後悔のないような生き方をしていきたいと思ってなりません。

  また、大切な人が、そばに居てくれる当たり前を、日々、感謝して過ごして行きたいと思っています。


 心から。


   また、この子は、今年のテディベアトータルのコンテスト用にも創作した子ですが、残念ながらノミネートといかなかったのですが、私は、そう言うことよりも、この子が生まれて来たことを誇りに思っています。

   ドイツへ共に旅して来ますね~~~~。^^


   また、3月17日、18日恵比寿ガーデンプレスであるテディベアの祭典にも持参して、皆さんに見て頂きたいと思っています。東京方面の方、どうぞ見に来てやってくださいね。^^
[PR]
by gift-from-mom | 2012-03-10 21:14 | 作品