テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」

yuccobear.exblog.jp

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。

残暑お見舞い申し上げます


 皆様。

 如何おすごしですか?

 お盆過ぎて、少し過ごしやすくなりましたね。

 私も、イベントが終わりゆっくりと過ごしてまいりました。

 8月15日の終戦記念日では、あらためて日本のために多くの若者が命を犠牲にしてまで、平和を願って逝ったことにおいて、心から祈りました。

 その日は、またマリア様の祝い日でもあります。

 終戦記念日は、マリア様の祝い日でもあるのです。

 マリア様好きな私には、この偶然を必然と想っています。

 さて、先日、もうひとり私の尊敬してやまないマザーテレサの言葉を友人と分かちあいましたので、

 皆様と、分かち合いたいと想います。

 


 <マザーの言葉>

 私たちが気づかなければならない大事なことがあります。

 ほんとうの意味で愛するということは、傷つくということなのです。

 事実、他の人たちを傷つけないで彼らに善いことをするためには、それが私から何かを奪うことであっても

 喜んで与えなくてはならないのです。

 真の愛はいつも傷つきます。

 それでこそ私たちは、本当に愛することができるのです。

 愛という言葉は誤解され、間違って使われます。

 そのとき、賞賛も恥辱も関係ありません。

 自分の本当の姿を知っているのですから。

 あなたが侮辱されても、落胆することはありません。

 人があなたを聖人と呼ばれてもうぬぼれることはないのです。

 本当に自分を知るとき、私たちはただひざまづくのです。




  

  世の中には、たくさんの説明もつかない理不尽なことや、そして思いどおりに行かないことなどなどたくさんありますよね。
 私は、その中にあっても、自分らしく精一杯生きていることが、何よりも素敵なことなのだと思ってなりません。
 戦争があった日本を今の私は、想像だにできません。

 特攻隊など、若者が無駄な命を捧げて日本を守ったということがあります。

 それでも、その若者の命は、今でも現に私の心に届いているし、決して無駄ではなかったと思います。

 どの時代でも、どんな生き方でも、その人が精一杯決断した決心を私は、いつかは、実っていくと願っています。

 私ごとですが、8月6日は、私の母の命日であり、広島原爆投下の日でした。
 
 いつも、8月は、一年に一度、私の中で平和を思って過ごしてしまいます。

 私の大切なひとたちが、いつもいつも幸せでありますように。。。


 そして、この場を通じて、私の平和への祈りとさせていただきますね。


 それでは、まだまだ残暑が続きますが、お体を大切にね^^

 私は、10月の個展に向けて、さあ~!がんばりますよ!!詳細は、後日あらためて。。。


 心からです。


 
[PR]
by gift-from-mom | 2012-08-18 09:12 | 平和

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。


by gift-from-mom