テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」 yuccobear.exblog.jp

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。


by gift-from-mom
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プッペンフェスティバルでの仕事!

ドイツはフランクフルトから東へと新幹線とローカル線を乗り継いで2時間のところにCombrugがあります。
Combrugは、大変古くまた、田舎街です。また小さな街でもありますが、その街のドール博物館で仕事をさせてもらいました。
まずは、そちらの画像から。

*ドール博物館の入り口。
c0173826_9315354.jpg


c0173826_9323092.jpg


*私のコーナーは、とても良い場所にセッティングしてくださいました。
c0173826_9331615.jpg


c0173826_9335273.jpg


*私の創作するベアを買ってくださった方々と。
c0173826_9342553.jpg


c0173826_9344857.jpg


c0173826_935394.jpg


*お隣の方は、人形のお医者様です。壊れたお人形を直します。素敵なお仕事ですね。
c0173826_936969.jpg


*80歳のおばあちゃま。木毛入れのプロです!!すご~~~~~~い!!あれよあれよと入れていきます。熟練です!
c0173826_9363166.jpg


*このおじい様は、84歳!小さなかごを自ら編んでいます。ドール用の小物を専門に作っています。。
達人ですね。ドイツは、こんな方々が多くいます。お元気でいてください。また、来年お会いしたいです。
c0173826_9371660.jpg


*私にチョコレートと小さな布団たたきをプレゼントしてくださいました。私は、折り紙を差し上げました!
c0173826_9373195.jpg


*Gaby先生のブース!先生のおかげで仕事が出来ました。こんな素敵な仕事が出来るなんて!♪
  私は、幸せ者ですね!!
c0173826_9384928.jpg



 ここのドール博物館はとても歴史が古くて、とても由緒ある博物館でもあります。
 
 初日はミニパーティーがありました。市長もこられて、日本からの私たちを歓迎してくださいました。

 同じように仕事をともにしたARISA渡辺妙子さんは、地元の新聞紙に載りました。とても名誉なことです。

 私は、このような貴重な体験を誇りに思います。

 そして今からの仕事にいかしていかないとなりません。

 何よりもお人形を愛してやまないドイツの方々のスピリッツに触れました。

 皆さんに、その愛をたくさんお伝えしていきたいと思います。


 
[PR]
by gift-from-mom | 2013-05-16 09:25 | ドイツ