韓国の孤児院での感想文
この度の韓国への孤児院のプレゼントは、大成功でした。

新聞に載せる為に感想文の依頼があらりましたので、改めて感想文をまた、こちらにも載せたいと思いました。

今、なお、子供達の笑顔が忘れられません。今年のクリスマスは、特に子供達が幸せであるようにと祈りたいと思います。

c0173826_167280.jpg


*感想文ならぬ、感謝文です。。。


日本に戻ってからも、韓国の子供達が、テディベアを持った時の笑顔が忘れられません。
本当に、喜んでもらって幸せのお手伝いが出来て、嬉しく思いました。

孤児院に当日、到着した時は、正直、大変緊張しました。それは、子供達が本当に喜んでくれるか手渡すまで、わからなかったからです。
私の活動も五年目ですが、一番テディベアの数も多く、ましてや韓国は外国ですし、言葉も通じない私のテディベアがどこまで喜んでくださるか?と不安でもありました。
しかし、子供達にテディベアを渡して、笑顔を見た時には、「本当に良かった!」と心の深いところで思いました。
そして、子供達が、とても大切にテディベアを抱いているのを見るにつけ、別れ難くなり、いつまで見送っていました。

この度のプレゼントに際して、テディベアの意味を韓国語に訳して準備して下さったこと。私の話しに合わせて流してくれた優しいギターの音楽。暖かいオカリナ演奏。子供達へのストーリーテーリング。どれもこれも、私達のテディベアのプレゼントの為に盛り上げて下さいました。
それも、韓国の友人の皆様が暖かく受け入れて下さったおかげです。私の日本のテディベアの生徒や、友人も大変喜んでいます。また、是非、来年も続けていきたいと思いました。

子供達は、国の宝物です。それは、どこの国も同じです。大人が子供達の環境をより良いものに助けていくのは、当然のことだと思っています。

最後に、私達のテディベアのプレゼントを孤児院に持っていくにあたり、多くの労苦を惜しまず、助けて下さった韓国の友人の皆様に改めて心から、感謝いたします。特に、友人のベルセインバンドのギターリスト、イム・ソンジンさんには、孤児院とのバイプ役になって頂き、またマスコミ各社に知らせて下さったりと、目には見えない働きをして下さいました。
ありがとうございました。
では、皆様、また来年お目にかかれる日を楽しみにしています。

感謝のうちに。

神様の祝福が皆様の上にありますように。

*******************


そして、ご協力下さった私の生徒さんや、友人に心から感謝いたします。

韓国の子供達が大変喜んでくれました!
皆さんのおかげです。

ありがとうございました。

心から。
[PR]
by gift-from-mom | 2014-12-05 15:59 | 韓国

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。
by gift-from-mom
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30