テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」 yuccobear.exblog.jp

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。


by gift-from-mom
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

創作は、心の表現なり~♪

まずは、この音から。。。



この子は、幼いながらも、身体と心を全部使って、神様をたたえている音をだしている。

また、たのしそうに、一生懸命に!韓国の女の子の演奏である。

感動~~~~~~~~~~♪

私は、この子のように、創作とは、心と身体全体で表現するものであると思うのだ。

だから、聞いていると、私の魂が喜んでくるのがよくわかる。

そして、一番は、この心がどのようなところから生まれているか?が一番大切だと思っている。

宗教を勧めているのではない。

創作とは、真の喜びのためではないだろうか?

そして、まずは、自分の手から生まれる作品を、作者自身が一番に喜ぶことに限る。。

そして、次に、その作品の喜びが伝染しないわけがない。


私のようなテディベア作家は、世界中にたくさんいらっしゃる。

しかし、

わたしのようなテディベアを創作する人は、私しかいない。

これが、私の誇りである。笑

もちろん、万民に受けようと思っていないのも事実である。笑


私のテディベアのクラスは、まず、そちらを充分に伝えてきている。

技術的にまなびたい方は、また、ステップアップでもちろん、よろしい~。

しかし、一番に自分を楽しませて欲しい。

そして、また、迷ったら、初心に戻り戻りつつ、心を取り戻して行ったらよいのではないかな?

その意味で、皆々様から生まれて来るテディベアを私も一緒に喜んできたし、これからも一緒に喜びたいね。

今年は、Gaby先生が来日する。

私がなぜ、Gaby先生を尊敬しているのか?!

先生の創るベアは、テディベアだけでなく、動物も創り、また、お人形も創られる。

その精神には、物語があるのだ。

彼女の作品を見ていると、ドイツの田園風景が目に浮かんでくる。

先生は、ドイツを愛してやまないのだ。

だから、ドイツへ一緒に行けない方も、先生と接することで、ドイツを充分堪能できると思っている。

そのことを皆々様に、お伝えしたいし、分かち合いたいと思っている私である。

ベアの原点が、ドイツであること。

ドイツ生まれのテディベアを楽しみにしていてくださいませ。



長くなりました。

またです。

いい音を聞くと一日が明るいなぁ。。

今日もテディベアと作る幸わせを味わいながら。。。。








[PR]
by gift-from-mom | 2017-01-30 11:46 | お勧め