*募集します*

「ママからの贈り物」は

毎年クリスマスのシーズンに

災害や事故、あるいは、経済的な何らかの予期せぬ事情で、
家庭で養育が難しい保護施設の子供達にテディベアの贈り物をする活動をしています。

今年は、広島県尾道市の養護施設に。

先日は、そちらの施設の園長先生にお会いして参りました。

山々の美しい、空気の美味しい場所に施設は、ありました。

子供達は、総勢80名。

子供達は、たくましいですが、こちらのサポートされるスタッフの皆々様が優しくて、たくましく感じられます。

未来の子供達をサポートしているのですから!!



苦労も多いと伺いました。

未来の子供達は、なかなか一筋縄ではいきませんね。普通です。

我が家の息子でも、思春期を成長して、大きくなったのです。

同じですね。。

このたびは、未就学児15名にテディベアのプレゼントとなります。
それにあわせてテディベアを募集します!!

どうぞ、子供達に心のこもったテディベアを一緒に作って頂けませんか?

手作りのテディベアは、きっと、何よりも友達として、子供達を慰め、一緒に過ごしてくれるでしょう。

どうぞ、宜しくお願いします。



代表 藤本悠起子



*募集要項*

大きさは、16分の1の生地で、約16センチ。

ドイツモヘア使用。

締め切りは。10月末。

まずは、私にご一報くださいませ。

15体で締め切ります。

どうぞ、宜しくお願いします。

写真は、施設のパンフレットです。


c0173826_10383117.jpg


c0173826_10383357.jpg



c0173826_10383983.jpg





今、様々な国の問題があります。

安倍総理大臣様しかり。

しかし、批判するのは止めます。

国の代表は、代表に任せるしかない。

しかし、

私の友人の中には、

そんな世の中でも、

希望と望みをかけて、取り組んでいる人達がいます。

私は、知らないふりは、出来ない。

私も、ひとりの人間にしか過ぎないけれど、

半分人生は生きたので、

この先の人生は、

出来ることをさせて頂きたいと願ってやみません。

同時に募金も皆々様にお願いします。

先日もお願いしました三原市にある子供食堂に、野菜の材料費などに、

寄付したいと思います。

この三原の子供食堂は、

母子家庭の子供や、お母さんに無料で食事を提供する活動です。

子供たちに手つくりの愛情ある食事を願っての食堂です。

日本は、世界にくらべたらとても豊かな国だと思っていましたが、
現実は、とても厳しい環境にいる子供達がいます。

施設にいる子供達は、

まずは、大学進学を諦めると言われました。

しかし、尾道の施設にボランティアで子供達に勉強をみてくださるかたもいて、

せめて九九でつまずかないようにと始められた学習室に、

大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんが一緒に勉強し始めていると聞きました。

園長先生は言われます。

たった、ひとりでもいい。

大学を進む子が出てきたらと。

そして、

また、この施設で成長した子供達が

亡くなるときでもかまわない、

自分達のしたことが子供達の心に響いてくれていたら。と

私も同じように思います。

テディベアがほんのひとつ奇跡をよんでくれたらと

願ってやみません。

祈りを入れて創作するのです。

小さな祈りの種を埋めるようなものですね。。

私は、奇跡を信じたいと思います。

きっと、

その祈りの種が実りとなって

奇跡という花を咲かせてくれると信じて生きたいと願っています。

やらないならば、0%。

もし、やったならば、0%ではないでしょう!?





どうぞ、皆々様

宜しくお願いします。


心から。








[PR]
by gift-from-mom | 2017-05-25 10:24 | 平和