カテゴリ:ドイツ( 57 )

いよいよドイツ♪

 やっと、オーダーの子たちが仕上がりましたので、


 ドイツへの準備が出来ます!!


 さて、下はFBからです。ドイツは、こんな音楽な光景があるんですよね~~~~~~~~!!

 遭遇したいです^^


 では、ブラボー!な音を楽しみください。

 一人の小さな女の子のコインの奇跡です。奇跡は、純粋な心からですね。。。





  もちろん、これは、仕組まれたことだったかもしれませんが、道行く人があきらかに一緒に参加していますね。
 私も、一緒にきっと喜びの音を歌っていたと思います!!
 
  幸せは、音から。

   言葉も音霊です。言葉大切ですよね。

   今日は、言葉の大切を感じています。

   では、良い一日をお過ごしくださいね。










 
 
[PR]
by gift-from-mom | 2014-04-12 10:20 | ドイツ

 心にしみる音を聞くと、なんだか心にあかりがともるというか、暖かくなるというか一日が薔薇色に輝きますよね^^


 そんな音を見つけました。

 秋の夜長に皆様に、プレゼントです!

 しっとりと聞いてくださいませ。。。


 
ドイツ西部に位置するヴッパータール駅の構内で、男性集団が突然アイスランドの讃美歌を歌い始めました。

ホールのように響き渡る、壮大かつスペクタクルな歌声をお聴きください。

礼拝堂かと思うほどの、素晴らしいハーモニー!

レベルの高さに驚かされますが、それもそのはず、彼らは“Arstidir”と言うアイスランドの伝統音楽を歌うプロのミュージシャンであるとのこと。

讃美歌は13世紀(1208年)につくられた、「Heyr, himna smidur」という曲で、現在でも歌われている北欧讃美歌の中で最古のものだそうです。




 ヨーロッパでは、よく駅のホームや、あちらこちらで音楽を聞くことがあります。
 
 日本でもあちらこちらで、青空の下で、こんな素敵な歌声が響く街になるならば、もっともっと心が豊かになるように感じられます。
 
 私も、もう少し若くあるならば、大好きな賛美歌を街のあちらこちらで歌ってしまうのになぁ。。。。。(笑)

 ええ!どこかで、歌ってしまうかもしれませんね~~~~~~。。。。






 

 








 
[PR]
by gift-from-mom | 2013-10-21 22:34 | ドイツ

c0173826_20164939.jpg


ドイツのシュタイフ社と並んで最も有名で最も評価の高い由緒正しいテディベア・メーカー、ハーマン社(ヘルマン・シュピールヴァーレン・GmbH)」。当時のおもちゃ産業の世界的中心地ゾンネベルクの近郊の町ノイファンクでおもちゃ会社を設立したヨハン・ヘルマンの息子、マックス・ヘルマンが1920年、父の家で、緑ハーマンの前身となる会社を設立しました。赤ハーマン社を作ったベルンハルトの弟です。
赤ハーマンと緑ハーマンの血縁関係など大変興味深い詳細は「テディベア大図鑑」94ページ~95ページを参照ください。

*写真は、ハーマン社のゾッティです。(Gaby先生のお宅で!)

 ハーマン社のベアは、とても特徴があって、見ているとどんどん愛らしさが増していきます。

 シュタイフとならんで、老舗メーカーで、ドイツでは人気の高いベアです。

 このたび、オールドの物で状態の良き子たちを持って帰っております。

 是非、手にとって頂き、見ていただきたいと思います。

 そして、オールドの物は、どちらかの耳が少したれています。それは、持ち主が抱いていた為に残った愛の証です。^^ 大事にしていたのが、自然にわかりますね~。


 そんな時を旅するベアの魅力を知って頂きたいと思います。

 ベアの歴史ってとても深~~~~~~~~いんですよ^^

 知れば知るほど、もっともっとベアの魅力が分かってくるんですね。

 私は、ドイツは、GABY先生のもとで、古きベアを修理することも少し習得してきました!もしものときも、修理させていただきますよ^^


 ベア、不思議発見でした!♪^^






 





 
[PR]
by gift-from-mom | 2013-06-02 20:31 | ドイツ

ドイツの旅。

ドイツの旅も残すとこ数日。
雨がふり、ブラックフオーレストは雪が降り。。。季節は、冬に逆もどり!?
そんな中、ガビィ先生は、先生の住む街から北に車で二時間の街‘シューンビィチハル’発音が難しい舌が噛みそうな街に連れて行って下さいました。この街は、塩の街で栄えたそうです。海辺ではありません。岩塩です。

c0173826_8591423.jpg


c0173826_859455.jpg


教会があって、階段では舞台劇の撮影が行われていました。この街は、またオペレッタが有名だそうです。似合いますね。
c0173826_905473.jpg


寒いです(^_^;)たくさん着込みますが、春物しか持ってきてないので、とにかく寒かったです。しかし、ここはもう一度ゆっくり訪れてみたいです。

c0173826_934071.jpg


街の花屋さんの前で。フクシヤの花。妖精が現れても似合う街ですね。
c0173826_95564.jpg


さて、私は、ガビィ先生のお宅で泊めて頂きました。先生が美味しい朝食をご馳走してくださいます。ドイツで有名な白ソーセージです。ドイツでしか食べられません。スイートマスタードが合います。

おいし~い*****(*^^*)

白ソーセージの入れているポットは、専用のポットです。アンティーク。先生のこだわりがあちらこちらへ。

c0173826_97286.jpg


先生のお宅の小スペースで。先生のお宅は、全てギャラリーのようであり、全てがアートです。好きなものしかおいていません。うっとりです。
c0173826_9105374.jpg





先生のお宅でゆっくりさせて頂き、日本に戻りました。また、来年に向けてアートな感覚を養ったドイツの旅。
そして、84才のおじいさんのプロとしての意識であり、お人形に対しての愛やお人形の修理をする方の愛。
ホテルのマダムの暖かさ。

そして、何時も見守って下さるマリア様。


今回の旅は、肌寒いドイツで温もりを感じる旅となりました。

皆様、如何でしたでしょうか?!

これからの表現におおいに役立てたいと思います。
[PR]
by gift-from-mom | 2013-05-24 08:50 | ドイツ

Ulmの街へ。

Combrg-Neustudで仕事をした私は、ここで、東京の友人とお別れして、ガビィ先生の街ショーンドルフへ車で移動しました。
途中、先生は、遠回りしてUlmの街へ連れて行って下さいました。
私がここの大聖堂を見たいと言ったからです。
丁度、私たちがついたときに鐘が鳴り、祝福を頂きました。
ケルンの大聖堂と同じころに建てられた教会です、
c0173826_914532.jpg


ため息がつくほどに、ステンドグラスが美しかったです。
c0173826_913151.jpg

c0173826_922616.jpg

c0173826_921164.jpg

c0173826_925754.jpg


大聖堂前のチョコレート屋さん。老舗です。
c0173826_924811.jpg


小さな水路のある街です。
c0173826_935960.jpg

c0173826_942152.jpg

c0173826_951697.jpg


帰り道、森の中にあるガーデンレストランに連れて行って下さいました。聖霊に満ちているようでした。
c0173826_954053.jpg

c0173826_965918.jpg

c0173826_972269.jpg


少し疲れた私は、ここでまた元気を頂きました。。
c0173826_98899.jpg

旅もいよいよ終盤。先生の街でゆっくりして日本に帰ります。
[PR]
by gift-from-mom | 2013-05-22 08:57 | ドイツ

Bambergの街。

二日目は、Wurzburgよりローカル線でさらに東へと移動。
一時間でBambergの街につきます。

まずは、写真でお楽しみに!
ここで、東京からの友人と橋本夫妻と待ち合わせです(*^^*)

c0173826_8282257.jpg


ホテルからの眺め!川のほとりです。
c0173826_8284229.jpg


c0173826_830817.jpg


c0173826_831323.jpg


c0173826_8312548.jpg


顔よりも大きなアイスクリームパフェを人々は召し上がっておられました。美味しそうで、お願いして写真を一枚。

c0173826_8353795.jpg


私もでは、頂いてみましょう!ヨーグルトアイスパフェ。しかし、ひとつを三人で食べました。。
誰がメロン食べる??じゃんけんでしょう!じゃんけんは、いつもフェアーな闘いを応援してくれますね^^
誰が、メロンを食べたかと言うと。。。。。。私でした!!^^
c0173826_8381039.jpg


Bamburgは川の街。ため息が出るほどに美しいですね~。
c0173826_8382733.jpg


c0173826_840121.jpg


c0173826_8403874.jpg


c0173826_841317.jpg


そして、街の教会に立ち寄ります。ここは、本当に美しい教会でした。偶然にもパイプオルガンとサックスの音が迎えてくれました。音が教会に響きます。そして、心の中に染みこんでいきます。
音をとうしての祝福を感じます。
c0173826_8414542.jpg


かよさんと。
c0173826_8434077.jpg


街のあちらこちらにマリア様が。マリア様に見守られての旅を感じています。
c0173826_8445755.jpg


夜は、こちらでは有名な酒場!?に、皆さんと一緒に出かけて行きました。ここでしか飲めないローストビールを堪能!地元でも並ぶほどの人気のお店。そして、老舗です。
c0173826_8453683.jpg


c0173826_8474975.jpg


皆さん、笑顔ですね(*^^*) かよさんと、中田さん。
c0173826_8475542.jpg


橋本夫妻。
c0173826_8485864.jpg


やっぱりビールにあうのは、ドイツソーセージとザワークラフとでしょう!(*^^*)

c0173826_849424.jpg



如何でしたか?

まずは、ドイツを堪能した私は、明日からいよいよ仕事に緊張しながら、リラックスしながら、ドイツの旅を楽しみました。
[PR]
by gift-from-mom | 2013-05-19 08:20 | ドイツ

Wurzburgの街

ドイツに着いた1日目は、Wurzburgの街でした。
韓国の仁川空港から11時間フランクフルト空港に到着して、電車での移動。ドイツ新幹線で一時間で着く予定でしたが、自動販売機でチケットを買うのにつたない英語でモタモタして、ローカル線のチケットを購入してしまった(T_T)
みどりの窓口のようなところで、買い換えたかったのですが、さらに30待ち。
まあ、ローカルでいきますかね。あわてない、あわてない。一休み、ひとやすみ。。。。
二時間半もかかっての移動。
あ~!(T_T)
まあ、これも旅の醍醐味!急ぐ旅でもないから、ゆっくり景色を眺めての移動。

では、Wurzburgの街を写真で楽しんでくださいね!

ホテルは、だいたいビジネスタイプを選びますが、ドイツのホテルは、古くて可愛くて綺麗で清潔なんですよね。
ホテルのフロントで。
c0173826_8524023.jpg


この街は、有名なマリア様のフレスコ画残る教会があります。

c0173826_8545638.jpg


5月はマリア様の月。マリア様に会いにきました。ほっとします。
たくさん祈りました。
c0173826_85621100.jpg


c0173826_857262.jpg


c0173826_857824.jpg


c0173826_91825.jpg


ストリートミュージシャンです。私は、こういうの大好きです。音が街に似合っています。
c0173826_8581224.jpg


街のお城です。川沿いにありました。
ドイツは、お城がよく似合っています、森と泉にかこまれて~♪ 古いですか?!^^;
c0173826_915725.jpg


朝市。地元で採れたお野菜やお花が並びます。こんな風景も素敵ですよね^^
スーパーマーケットもいいですが、青空の下ってなんだかワクワクします。
ついつい、たくさん買ってしまいました。
c0173826_902514.jpg



c0173826_924514.jpg


c0173826_93937.jpg


c0173826_935788.jpg


お城を見ながら、念願のスパーゲルとスパーゲルのスーブとドイツビ~ルを頂きます!!
これを食べるために一年頑張ってきたようなものです。この時期しか食べれません。
私。頑張った~~~~~~~~~!!ご褒美です。神様、ありがとう。おいしい~~~。^^

c0173826_942875.jpg



明日は、さらに東へ移動。Bamburgの街へ。小さい街ですが、美しい川のほとりにある街です。楽しみに!
[PR]
by gift-from-mom | 2013-05-18 08:41 | ドイツ

さて、Puppen Festival(プッペンフェスティバル)の会場のある街、Combrugはノインシュタッドの様子を今日は、紹介しますね。

街全体がいわゆるお人形祭りです!

写真は、朝5時半。のみの市の始まりです。私の後ろにマーケットが見えていますね。
この街は、とても古い歴史のある街なんです。旧東ドイツと西ドイツの間の街。一番最初に壁がこわされた街です。

c0173826_7272688.jpg


こちらは、のみの市とは違って会場の中の様子。アンティークのお人形や、テディベア、そして材料のあるお祭り会場です。
大人達が、たくさん訪れています。お人形は、実はドイツの人にとっては、子供の為だけではありません。それも男の人もいます!(*^^*)この感性いいでしょ?!さすが、ドイツです!!
c0173826_7352057.jpg


c0173826_7395812.jpg


c0173826_7403348.jpg



可愛いものがたくさんありますでしょう?!!
買ってきましたよ~~~!お土産フェアーは、26日日曜日にアトリエで開催予定です。また、告知します。
c0173826_7431554.jpg


わあー!今年も出会えた!スーザンさん。何時もこちらの生地とテディベアを連れて帰ります!
c0173826_7434776.jpg


会場近くの私達が泊まったホテルです。カントリーサイドです。緑が豊かで、ホテルは、家族経営。
c0173826_756247.jpg


ホテルから眺めた景色。
c0173826_758452.jpg


c0173826_7591325.jpg


ホテルのマダムです。。なぜだか、愛されてしまいました!!!^^
いつも声をかけてくれました。
豪快な笑いもあわせてです。ほっとしたんです。この笑いに。。。笑いも世界共通ですね。

c0173826_7594222.jpg


ホテルの食事。暖かい家庭料理の味に心もほっとします。
c0173826_802820.jpg


ガビィ先生とフリードーさんです。
c0173826_8299.jpg


こちらへは、4日間お世話になりました。また、こちらに来て、ホテルの人たちにも会いたいですね!(*^^*)

皆さん。お元気でいてください。親切をありがとうございます。

愛は、万国共通です。
言葉も国籍も超えて行きますね!


如何でしたか?まだまだドイツの旅は続きますよ~~。

明日も楽しみにね^^
[PR]
by gift-from-mom | 2013-05-17 07:25 | ドイツ

ドイツはフランクフルトから東へと新幹線とローカル線を乗り継いで2時間のところにCombrugがあります。
Combrugは、大変古くまた、田舎街です。また小さな街でもありますが、その街のドール博物館で仕事をさせてもらいました。
まずは、そちらの画像から。

*ドール博物館の入り口。
c0173826_9315354.jpg


c0173826_9323092.jpg


*私のコーナーは、とても良い場所にセッティングしてくださいました。
c0173826_9331615.jpg


c0173826_9335273.jpg


*私の創作するベアを買ってくださった方々と。
c0173826_9342553.jpg


c0173826_9344857.jpg


c0173826_935394.jpg


*お隣の方は、人形のお医者様です。壊れたお人形を直します。素敵なお仕事ですね。
c0173826_936969.jpg


*80歳のおばあちゃま。木毛入れのプロです!!すご~~~~~~い!!あれよあれよと入れていきます。熟練です!
c0173826_9363166.jpg


*このおじい様は、84歳!小さなかごを自ら編んでいます。ドール用の小物を専門に作っています。。
達人ですね。ドイツは、こんな方々が多くいます。お元気でいてください。また、来年お会いしたいです。
c0173826_9371660.jpg


*私にチョコレートと小さな布団たたきをプレゼントしてくださいました。私は、折り紙を差し上げました!
c0173826_9373195.jpg


*Gaby先生のブース!先生のおかげで仕事が出来ました。こんな素敵な仕事が出来るなんて!♪
  私は、幸せ者ですね!!
c0173826_9384928.jpg



 ここのドール博物館はとても歴史が古くて、とても由緒ある博物館でもあります。
 
 初日はミニパーティーがありました。市長もこられて、日本からの私たちを歓迎してくださいました。

 同じように仕事をともにしたARISA渡辺妙子さんは、地元の新聞紙に載りました。とても名誉なことです。

 私は、このような貴重な体験を誇りに思います。

 そして今からの仕事にいかしていかないとなりません。

 何よりもお人形を愛してやまないドイツの方々のスピリッツに触れました。

 皆さんに、その愛をたくさんお伝えしていきたいと思います。


 
[PR]
by gift-from-mom | 2013-05-16 09:25 | ドイツ

今、仁川空港です。

ただいま~!!(*^^*)
でも、今、仁川空港です。もう少しですね。
長いようで短いドイツの旅が終わります。
大変、充実した時間を過ごしました。途中、ブログを更新したかったのですが、電波状態が悪くて更新出来ませんでした。楽しみにされていた皆様、ごめんなさいね。
戻り次第、ゆっくりたくさんのドイツを紹介しますね。
ドイツは、たくさんの自然が残っていて心が癒やされました。
自然からの恩恵は、やはり素晴らしいです。
c0173826_1428965.jpg


c0173826_14285662.jpg


c0173826_14292571.jpg


私は、元気です。
明日からは、また、日本での仕事を頑張りますね。
ゆっくりお土産話聞いてください。
お土産フェアーもです!001.gif
[PR]
by gift-from-mom | 2013-05-15 14:20 | ドイツ

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30