テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」

yuccobear.exblog.jp

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。

カテゴリ:平和( 51 )

母の日に。。

母の日に。

遅ればせながら、送ってくれた息子からのプレゼント、お菓子の詰め合わせ。

ただ、それだけだけれども、

なんだか、心が暖かくなるものです。

照れてる息子の顔が目に浮かびます。



(*^^*)

c0173826_10162364.jpg

頂きまーす。
[PR]
by gift-from-mom | 2014-05-14 10:12 | 平和

今日の朝の地震。。。

 
 皆様。

 深夜2時ごろ、大きな揺れがありましたね。

 中国地方の皆様、大丈夫でしたか?

 また、東京の友人から心配のメールを頂いてありがとうございました。

 私は、大丈夫です^^

 伊予灘沖震度5でした。

 こちらは、かなり揺れてとても恐かったですね。。

 脳裏に、東北震災を想いました。。

 恐いというのは、地震もさることながら、実は、地震の震源地のすぐそばには、伊予原発があるのです。

 人が造ったものでこんなに恐怖を感じるなんて、、、、。

 また、いろいろなことを思って眠れない夜を過ごしてしまいました。

 いずれにしても、頂いた命です。だからこそ大切に生き抜かなければならないと多いに感じ入りました。

 Fbから、こんなサイトを見つけました。

 皆さんと、今日は分かちあいたいと思います。

 目を背けるような映像もあるかと思いますが、これが現実です。

 



 *東北震災のあった3月11日は、つい先日のこと。朝起きてすぐに、静かに心で黙祷をさせて頂きました。。

 3年もたっているのに、東北の方々は今だに復興が進んでいません。

 私に出来ることは、何でしょうか?

 生きるということは?

 表現するということは?

 「いずれ旅たつ命なれば。。」こそ、今出来ること大切にして生きたていたいと思います。


 今ある命に、ありがとう。

 私を大切に思い、そして愛してくれる全て人に、物に、命ある全ての生命に、

 また、命を生かしてくださる全てのご愛念にありがとう。を伝えます。

 そして、命の尊さを今も尚、伝えてくださっている亡くなられた東北震災の方々に、そのご家族に心から
 感謝を捧げたいと思います。


 感謝。












 
[PR]
by gift-from-mom | 2014-03-14 11:38 | 平和
去る26日、日曜日。

岡野弘幹さんを招いて、コンサートがありました。
岡野さんは、音楽活動を初め、無政府状態にあるアフガニスタンのストリートチルドレン40万人子ども達に、楽器や音のプレゼントをされてる活動や天川弁財天神社など奉納演奏をされる方でもあります。

c0173826_9365444.jpg

晴れ渡った青空にお城が輝いていました。

c0173826_9422251.jpg


c0173826_9375231.jpg

湯殿にて。雨上がり!虹が目の前にかかります。
左から、私,玲子さん(紗織アーティスト),純子さん(岡野さんの奥様),まりこさん(ワンズハート)

c0173826_9423287.jpg

岡野弘樹さん。

c0173826_943785.jpg

ギターだけでなく、インディアン楽器であるベア太鼓やベアフルートを吹かれます。

最後は、皆様と一緒にベアダンスを踊り終わりです。

ベアダンスって?!

はい。あるんですよ。
楽しいダンスです(笑)
♪ハハハハハ!♪と掛け声かけるんです

音楽ばかりだけでなく、当日は自然の大切なこと。

日本の古代からある宗教とは違うスピリッツの大切をお話しくださいました。

インディアンの言葉。
「Good day to die !」
(今日は、死ぬのに良い日だ!)

***つまり、いつ死んでも良いぐらいの生き方を!と言うことです***

岡野弘樹さんの音楽に出会い、ベアフルートやベアダンスに出会いました。

そして、人の持つ深い力を学びました。

ベアに導かれての出会いです。

まだまだ、ドラマチックなベアに導かれての道のりが続きますね~!(笑)

では、またです。

今日も素晴らしい1日をお過ごしください。

Good day to die!


c0173826_9575370.jpg

岡野弘樹さんのCD,
そして頂いたプレゼントです!
私の元にくださった多くのメッセージも合わせて改めまして、皆様に感謝いたします。

私の誕生日は、本当に素晴らしく幸せな1日となりました。

なんと皆様にお返しをしたら良いでしょうか?!

創作しかないと思って、身が引き締まる思いです。

感謝です。
[PR]
by gift-from-mom | 2014-01-30 09:29 | 平和
今年も桑名晴子さんファミリーによるクリスマスチャリティーライブは、盛り上がりました!(*^^*)

音楽は、素晴らしいですね。
ラストは、ジョンレノンのホワイトクリスマスの歌を皆で歌いました。

たくさんの幸せが皆様に届きますように。。。

皆さんの大切な人が、幸せでありますように。。。

「 WAR IS OVER ! 」

人々との争いがなくなりますように。




c0173826_1541932.jpg


c0173826_1543381.jpg


c0173826_1545188.jpg



Christmas!最高~!(*^^*)

今年も残りわずかです。お忙しいと思いますが、お身体ご自愛くださいませ。
[PR]
by gift-from-mom | 2013-12-26 14:59 | 平和
さて、今日は、クリスマスイブ!
皆さん、素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ。
アトリエでは、ぼっち会でクリスマスです(^O^)v

さて、今日は、ガビィ先生の通訳をしてくださってる直さんの赤ちゃん、はるちゃんの百日です。
ご一緒に写真撮影によばれました。

はるちゃん大きくなりました。
目頭熱くなりました。。
私の創作したベア、ファーストベアも一緒です。
c0173826_1673986.jpg


それから、スタジオマイクさんでの撮影で待っている時に、見つけてしまいました!懐かしい品々です。
*赤電話!!!10円で電話していたころが懐かしいです。
c0173826_1683656.jpg


c0173826_1684516.jpg

*父が持っていたカメラ。。。
c0173826_1691692.jpg


では、楽しいクリスマスをお過ごしくださいませ。

c0173826_1693428.jpg

[PR]
by gift-from-mom | 2013-12-24 16:02 | 平和
この日は、ジョンレノンの命日でもありました。
福山では、桑名晴子さんをおよびしてコンサートを開催。

晴子さんは、伝えてくれました。
「歌を聞いてくれた人が、自由に癒やされたり、元気になったり、何がしら愛が自由に流れていたらいいの。私は、それを祈って歌います」と。

私は、いつも元気を頂きます。そして、勇気を。

ジョンレノンの歌も歌ってくださいました。

晴子さんの歌はとってもあったかくて、こんな風に世界もあったかくなったらいいなぁ~と思いました。

音楽は、国境も越え、人の垣根も超えていきます。

その超えた先の向こうの景色を見てみたいと思います。。その為に、今、出来ることを考えていきたいと思いました。

c0173826_9272547.jpg


c0173826_9274331.jpg


写真は、FBから。

晴子さん。本当に、ありがとうございました。

主催してくださった岡真理子さん、お疲れ様でした。
[PR]
by gift-from-mom | 2013-12-10 09:16 | 平和
こちらは、友人が、私と分かち合いたいと思ってくださって、送ってくださったものです。

皆様、暑い中、如何おすごしでしょうか?

個人的にも、木毛のことでご縁の深い伊勢神宮。

皆様とも今一度、分かち合いたいと思います。


***************


>◆ 致知出版社の「人間力メルマガ」-----2013年8月16日 ◆
>
>
>┌───今週の一冊─────────────────────────┐
>
>
>
>  『日本は天皇の祈りに守られている』
>
>   松浦光修・著
>   定価 1,680円(税込)
>   ⇒ http://shop.chichi.co.jp/item_detail.command?item_cd=1005
>  
>└─────────────────────────────────┘
>
>    *     * 
>
>
>「皇后様がおっしゃっておいででした
>“皇室は祈りでありたい”という言葉を、よく思い出します」
>(清子内親王/現伊勢神宮臨時神宮祭主・黒田清子様)
>
>天皇陛下と、
>わが国の歴史が不可分であることは、
>いまさら言うまでもありませんが、
>天皇陛下と神々への「祈り」も、
>また不可分なのです。
>
>したがって、
>わが国の歴史とご歴代の天皇の「祈り」も、
>また不可分であると言えるでしょう。
>
>皇后様がおっしゃったとおり、
>まさに「皇室は祈り」なのです。
>
>
> (  中 略  )
>
>
>ここで注意しておかなければならないことがあります。
>それは、両陛下の「祈り」は、
>私たち一般人の「祈り」とは、
>ずいぶんちがう…ということです。
>
>私たちふつうの者は、
>自分や自分の家族や職場や組織などのために、
>つまり、「自分のために祈る」ことが少なくありません。
>それらは結局のところ、
>自分や自分のまわりの人々の
>“現世での利益”を求める祈りですが、
>天皇陛下の「祈り」は、それとはまるでちがっています。
>
>天皇陛下の「祈り」は神武天皇の昔から、
>ともに生きてきた国民の幸福を、
>さらには世界の人類の幸福を、
>ひたすら願う「祈り」です。
>
>目に見えない神々の世界と、
>目に見える国民の世界を結ぶ、
>果てしなく広い「祈り」です。
>
>その背後には「神代の物語」と
>建国以来の悠久の歴史と、
>125代にわたる“祈りの伝統”の、
>はかりしれない“重み”があります。
>
>「天皇陛下は、日々、
> 私どもの幸せのために祈ってくださっている…」
>
>この一つの事実だけでも、
>全国の学校で教えるようになれば、
>みちがえるほど日本の子供たちの心は立て直され、
>やがては混迷をつづける日本にも、
>希望の光が差し染めるのではないか…と、
>私は思っています。
>
>
>    *     * 
>
>
>伊勢神宮のお膝元の皇學館大学で教鞭を執る著者は、
>式年遷宮に沸く伊勢の町を肌で感じ、
>捧げものの意で本書を著しました。
>
>戦後GHQによって、
>日本の公教育の場から抹殺されてしまった「神代の物語」。
>ここに描かれている神々の姿には、
>日本人の人生観、労働観の原形が現されています。
>
>失敗や迷いを経て成長していく
>我が国の神々の姿は
>私たち日本人のものの見方や考え方を
>そのまま投影しているかのようです。
>
>その神々と民を繋ぐ役割を担われている
>天皇陛下は、
>最高位の神職として日々、
>神々に祈りを捧げておられます。
>
>「天皇たるもの朝から夜まで、
> 神を敬うことを怠けてはなりません」
>
>という『禁秘抄(きんぴしょう)』の記述からは
>歴代天皇の祈りの姿を窺い知ることができます。
>
>この連綿と続いてきた祈りによって、
>日本は神武建国以来、
>2673年間にわたり守られてきたと著者は語ります。
>
>天皇の祈りと神々を知ることは、
>日本人本来の心をより深く理解することに繋がります。
>
>20年に一度の伊勢神宮の式年遷宮と
>60年に一度の出雲大社の式年遷宮がちょうど重なりあった
>記念すべきこの年にお読みいただいたき1冊です。
>
>


******************

如何でしたでしょうか?

私たちは、日にちの生活をたんたんと過ごしていますが、

実は、このように国の父、母と呼ばれている天皇、皇后様の広くて深い祈りの中で、知ろうと知るまいと関係なく生活できているのかもしれません。


また、私は、多くの人の思いと祈りに支えられて生きていることを今一度、自覚して、感謝をもって生きていきたいと思いました。


また、亡くなった母も、そして、今年になって多くの友人も亡くしましたが、今も天国から祈ってくれている多くの友の祈りにも感謝したいと思ったお盆となりました。



暑い日が続きますね。

御身体大切に。
[PR]
by gift-from-mom | 2013-08-17 10:50 | 平和
 このたび、福山市明王台小学校の校長先生や先生方、そしてご父兄の方々の子供を思う心に感動して、YAE と TARO を 親善大使として明王台小学校へ留学させることとなりましたので、お知らせいたします。


 明王台小学校は、何年も前から小学校に英語クラスを導入されており、国際感覚を育まれておられると伺いました。

 YAE はイギリスのWesterhope Primary Schollへ。

 TAROは オーストラリアのTaroona Primary Schoolへと親善大使として留学することとなりました。

 YAE と TARO は、先日ドイツでのPuppen Festival でのドール博物館でも紹介させて頂いた子です。

 この子等がどんな働きをするかわかりませんが、心をこめて創作させて頂いた子には変りありません。

 先生方や子供たちの夢や希望が叶いますようにと心から願っています。

*YAE の紹介。

 アンティークの生地の着物を着ています。裾は、布団仕立て。
 
 この子は、おてんばながら度胸のある明るい子です。小さいながらも、人を思いやる心は深くて広く、イギリスへ行ってもイギリスのお友達と、すぐに仲良くなることでしょう。日本の心をしっかりと持っている子です。
c0173826_1024447.jpg




*Taro の紹介

  この子の着ているズボンは、地元備後絣の生地を使っています。

 備後特有ののんびりさんですが、人を大切に思う心は、人一倍強く、すぐに人気者になるでしょう。虫が大好きで、一緒にいる蝶は、彼の友達です。また、彼のかぶっている帽子は、折り紙のかぶと。日本の心をしっかりと持っている子です。
 
 
c0173826_1033840.jpg





 <明王台小学校の生徒に紹介された文章を載せていただきます>

 このテディベアは、6年生で少し勉強をして、明王台小学校の親善大使として外国の学校に行きます。このテディベアは、テディベア世界大会で優勝して世界一になった藤本悠起子さんが作ったものです。明王台小学校が外国と交流をしようとしていることを知って、藤本さんが明王台小学校に、このテディベアを学校に下さいました。
 このテディベアは、一度ドイツへ行って、日本のよさを伝えた大事なテディベアです。外国の児童と仲良くなってもらって、明王台小学校とそこの学校の子供とを結びつけてもらおうと思います。
 このテディベアがいつまでもかわいがってもらえることを期待しています。


  **********


 いつの日か、イギリスやオーストラリアへ行く機会があったら、是非、我が子を訪ねて行きたくなりました^^

 私の創作するベアが多くの人に幸せを運びますように、そして次世代の子供たちが、世界へと目を向けて、広く大きな心へと育まれますようにと願っています。

 
 心から。   

 藤本  
   



   
[PR]
by gift-from-mom | 2013-06-10 10:48 | 平和

日本の心を伝えたい。


 私の祖先の出身は、山口の長州藩のお侍だったと聞いている。

 今まで、あまり意識せずに生きてきたけれど、

 いつのころか坂本龍馬に興味を持つようになって、私は、自分自身の中に、サムライ精神があることに気がついた。


 坂本龍馬は、多くの人を惹きつけてやまない人物だった。


 当時の日本において、日本人同士の間においても争いが絶えなかったにもかかわらず、そして外国人に対しても彼は、どんな人の中にも入っていくぐらいの柔らかい心を持っている人物だった。

 その彼の精神に私は、魅力を感じてならない。


 では、サムライ精神とは、何か?


 私は、武道をやっているわけではないが、思うに「礼に始まり礼に終わる」ことと思っている。


 向き合う相手に対して、誠実にそして礼を尽くすことが武道の精神だか、サムライ精神もまさにその精神ではないかと思ってならない。


 私は、テディベアを創作するようになって、ドイツとそして韓国へと仕事をする機会を与えてもらっている。


 日本を一歩出ると、私は、自分自身が日本人であることを非常に意識する。


 どこに居ても私は、日本人の誇りを持って礼を尽くしていたいと思います。

 私のおじい様、どうぞ私を誇り高く、心強く、たくましくいさせてください。


 明日は、いよいよ出発です。

 韓国を経由して参ります。

 韓国は、日本に一番近いアジアです。仕事に対しても、人との交流に対しても精一杯に私の心の限りを尽くしたいと思います。先日の韓国でのテディベアの展示会では、3体がお嫁入りしています。
それは、非常に私にとってとても嬉しいことです。

 そして、ドイツの仕事も同じように誇りを持って最善を尽くして参りますね!

 *富士 母なる山。 全てを包む山。日本の誇り高き山。
c0173826_20233011.jpg




 *坂本龍馬  彼の見ていた夢を繋げていきたい。
c0173826_2023554.jpg





 よし!行って来ます!!
[PR]
by gift-from-mom | 2013-05-04 21:31 | 平和
 
 
c0173826_813515.jpg


 さて、先日、ドイツよりGaby先生をお迎えして、ワークショップをいたしました。

 生徒と一緒に創ったウサギさんのモデルをGaby先生が、東北震災の為に被害にあった子供たちのために
是非使って欲しいと申し出がありました。

 私は、チャリティーとしてオークションにかけてその金額を子供たちのためにと考えました。


 そして、昨年、私たちのテディベアを直接に釜石市に持っていってださった斉藤かおりさんにゆだねることにしました。

 斉藤かおりさんは、お米券にかえて5月の8日に釜石に持っていって下さいます。

 今だに、津波の被害にあわれた方の多くは、仮説住宅に住まれいるそうです。それも、高齢の方が多くいらっしゃるそうです。

 いろいろな形で募金などがありますが、私は、私の身近な友人がこのように直接目に見える形で、届けてくれるスタイルを応援していきたいと思っています。

 落札されたのは、生徒さんの土井さんです。

 落札金額は、25500円。

 土井さんは、釜石のために使ってくださることと、何よりもドイツからGaby先生が来てくださって、ウサギを習うことが出来た幸せを私に話してくださいました。


 Gaby先生の行為、土井さんの想い。そんなたくさんの喜びもプラスされたお金を東北の方に届けることが出来て、私も嬉しく思います。


 この場をお借りしてご報告させていただきます。

 ありがとうございました。

 これからも、「ママからの贈り物」は、未来の子供たちのために活動を続けていきたいと思いますので、

 皆様、どうぞご協力をお願いしたします。


 なお、今年のクリスマスサンタべアをアフガニスタンの子供たちのためのチャリティーベアにしたいと想っておりますので、早めに告知させてください。

 アフガニスタンは、タリバン政権が崩れてから40万人近くのストリートチルドレンがいるそうです。
ミュージシャンでもあり、桑名正やんの音楽ファミリーでもある岡野弘幹さんが楽器をプレゼントすることなど、子供たちのために活動されています。

私は、賛同したいと思います。子供たちのために、是非、ベアの寄付をお願いします。

尚、11月9日、10日に「ママからの贈り物」主催のイベントで、やりたいと想っています。

また、詳細は告知いたしますね。。





 感謝。

















 


 
[PR]
by gift-from-mom | 2013-05-01 08:11 | 平和