テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」

yuccobear.exblog.jp

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。

カテゴリ:お教室( 33 )

バースディベア♪

c0173826_17592855.jpgバースディベアは、自分、あるいは、生まれた方と同じ体重のベアを創作するものです。

さて、今日、晴れて来月の2月7日ご結婚されるカップルが、テディのお教室に来ました。

結婚式の日に、お互いの両親に、感謝をこめて自分の生まれた体重ベアであるバースディベアをプレゼンとするために、創作に来られました。

男性のしょう君も自分の両親のために創りました。3015グラム。
私の息子とひとつ上の彼は、裁縫は中学の時以来といいます!ブラボーな腕前です!!!

めぐちゃんも両親のために創りました。2800グラム。ネーリストの彼女は、これから、デコレーションするそうです。

二人の思いがとても清らかで、暖かくて、創作するお二人がまぶしくて、幸せのお裾分けを頂いたような気持ちになりました。

こんな時って、本当に先生やってて良かった~~~っと思うのです。幸せの瞬間にたち合わせて頂いたような感じです。

とてもまぶしい二人♪

お二人の了解を得て、写真を撮らせてもらい、ブログにアップさせて頂きましたよ。

どうぞ、みなさんにもお裾分けです、

届け~~~~~^^。
c0173826_17594657.jpg

[PR]
by gift-from-mom | 2010-01-17 18:04 | お教室

生徒さんの作品

私のテディベア教室に通う生徒さんの作品です。

彼女は、14歳。

2回目の作品で、こんな可愛い子ができちゃいました!

ドレスも頑張りました。

事情があって学校に行くことが出来なくなった。

初めは私も、自宅に家庭教師のようにテディを伝えに行ってましたが、

今は、一人で電車にのってきてくれてます。

初めはどれだけ勇気がいったことでしょう!

それでも、涼しい顔してきてくれたね。



今では、「先生~、電車だとめちゃめちゃ近いね~」っと。

先生、涙が出てくるよ。

あなたと私の距離も近くなったね~~、ありがとうね。

いつも下をむいていたあなたが、今ではまっすぐに前をむくことが多くなりました。

あなたのテディは、笑っていて、その子をみていると先生は、あなたが笑うことが多くなったと

嬉しくおもいます。あなたのテディは、まっすぐに前を見ているよね。


そんなあなたのテディは、多くの人も癒されることでしょう。






c0173826_9595813.jpg
[PR]
by gift-from-mom | 2009-06-25 10:13 | お教室
私には、ご縁あってテディの教室に通って下させる生徒さんがいます。

テディというご縁に、広島市内から高速バスをつかって1時間半の道程を来て下さってる生徒さんは、

私の息子の同級生、おまけにお母様は私と同じ年です。

身体が弱いあなたの精一杯の心にいつも私はじ~んと感動しています。

母の日にテディをプレゼントした!っと嬉しそうに報告してくれたあなたの心は幸せに満ちていたね。

あなたの笑顔に私のほうが沢山喜びを頂きました。

ありがとう。

私の生徒で一番若い生徒さんは中学3年生の女の子。

わけあってあなたは学校に行ってないけれど、な~にも心配しなくていいよ。

あなたは、初めてテディを創ったときから、自分にまっすぐに向き合う勇気を持ったね

今は、高校受験に向けて頑張っている。

それに、初めは自宅レッスンだったのに、電車に初めて乗って私のアトリエまで一人で来てくれた。

君にとっては、どんなに勇気がいったことだらろう。

私は、その勇気を充分知らないかもしれない、

でもね、そんな君の心をテディは知っててくれてるよ。

ありがとう。私は、あなたから勇気を持つ素晴らしさを教えてもらったよ。

お教室での一番年上のあなたは、

「先生~。こんなに癒されるテディに取り組めて私は幸せです」っと何度も何度も語られますね

そんなあなたの人生は、そんなに簡単ではなかったと伺っています

そして、お孫さんにどんどんと創られて、もうかれこれ10体はお孫さんに創られて喜ばれたんですってね

そんなあなたの笑顔に、「人生とは、簡単でなくていい」

「楽しいことも一杯だから」っとそんな風に感じます。

私の生徒はその他にもそれぞれにそれぞれの人生という時を過ごし、

その人生の時の一遍に、テディを通じてであったことの喜び、家族と思わせて頂いている喜びに

私は

心からありがとう。

といいます。

テデイ、みなさん、それから、私のテディを持ってくださっているみなさん、応援してくださっているみなさん

ありがとう。
[PR]
by gift-from-mom | 2009-05-15 19:02 | お教室