テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」

yuccobear.exblog.jp

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。

<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私には、ご縁あってテディの教室に通って下させる生徒さんがいます。

テディというご縁に、広島市内から高速バスをつかって1時間半の道程を来て下さってる生徒さんは、

私の息子の同級生、おまけにお母様は私と同じ年です。

身体が弱いあなたの精一杯の心にいつも私はじ~んと感動しています。

母の日にテディをプレゼントした!っと嬉しそうに報告してくれたあなたの心は幸せに満ちていたね。

あなたの笑顔に私のほうが沢山喜びを頂きました。

ありがとう。

私の生徒で一番若い生徒さんは中学3年生の女の子。

わけあってあなたは学校に行ってないけれど、な~にも心配しなくていいよ。

あなたは、初めてテディを創ったときから、自分にまっすぐに向き合う勇気を持ったね

今は、高校受験に向けて頑張っている。

それに、初めは自宅レッスンだったのに、電車に初めて乗って私のアトリエまで一人で来てくれた。

君にとっては、どんなに勇気がいったことだらろう。

私は、その勇気を充分知らないかもしれない、

でもね、そんな君の心をテディは知っててくれてるよ。

ありがとう。私は、あなたから勇気を持つ素晴らしさを教えてもらったよ。

お教室での一番年上のあなたは、

「先生~。こんなに癒されるテディに取り組めて私は幸せです」っと何度も何度も語られますね

そんなあなたの人生は、そんなに簡単ではなかったと伺っています

そして、お孫さんにどんどんと創られて、もうかれこれ10体はお孫さんに創られて喜ばれたんですってね

そんなあなたの笑顔に、「人生とは、簡単でなくていい」

「楽しいことも一杯だから」っとそんな風に感じます。

私の生徒はその他にもそれぞれにそれぞれの人生という時を過ごし、

その人生の時の一遍に、テディを通じてであったことの喜び、家族と思わせて頂いている喜びに

私は

心からありがとう。

といいます。

テデイ、みなさん、それから、私のテディを持ってくださっているみなさん、応援してくださっているみなさん

ありがとう。
[PR]
by gift-from-mom | 2009-05-15 19:02 | お教室

大事なことは。。。。。

サンテグジュペリの「星の王子さま」の中のフレーズ

 「 大事なことは目には見えないだ 」

そう。

ドイツから戻ってからもう3週間がたとうとしている

ドイツも大好きな国だけれど

私は日本に生まれてたことをとっても誇りに思う

今朝、

ごみをすてにゴミステーションまでの道程の中で頬をなでるように風がさわる

これは、日本の風なんだと

しみじみと思う

いとおしくさえなる

私は、日本で育ち、この手でテディというドイツ生まれの子らを創作する

私にとって、日本での全てがいとおしい

大事なことは、語らなくてもいい

私の心が全て知っている

それをテディがそっと、伝えてくれる
[PR]
by gift-from-mom | 2009-05-15 10:12

ドイツより戻りました♪

昨年は、観光で訪れたドイツ。

この度は、故郷に帰るように訪ねたドイツでした。

迎えてくれたのは、雄大な緑、永遠にづづくかのような菜の花畑。

空や大地の空気感が私にフィツトします。

「ただいま~~~~~~~~~~~~~~~♪」058.gif058.gif058.gif

テディベアトータルでは、数々の出会い

テディの恩恵は目には見えないけれど、深く、濃く、愛に溢れて乾くことがない

そもそもテディを初めに創られた方、マルガレータ・シュタイフさんが素晴らしい

彼女は100年前、南ドイツのギーゲンという小さな村に生まれる

小さい頃にポリオを患い、彼女は小児麻痺となり、両足、右手が不自由となる。

当時は身体障害者に対しての差別は強く、

人前に出ることもないなら、車椅子も開発されていなかった

しかし、彼女は積極的にリヤカーにおしてもらってでも学校や教会へと出かける

人からの好奇な目よりも、世の中に出て学ぶことのほうが楽しかったのである

しかし、想像してみよう

彼女はさまざまな困難を乗り越えていったに違いない

アメリカから開発されたばかりのミシンも、近隣国にはまだまだ出回ってなかった時代に入れたのだ。

そんな彼女の手から当時、ものすごく活気的だった手足が動くテディが生まれる

それもやわらかい本物のモヘアを使ったテデイだった

女の存在だけでも、差別が残る時代に何人もの従業員をやとい、

彼女はまさに夢と勇気を多くの人に伝えた人だ

そんなテデイだからこそ、夢と希望を今もって人々に伝えてやまないのだろう

そんなテディの故郷ドイツへと去年、今年の続けてこられ私は幸せものである


マルガリーテ・シュタイフさんのDVがあるのでよかったら。


http://www.amazon.co.jp/dp/B000JMJRMQ
[PR]
by gift-from-mom | 2009-05-03 17:12

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。


by gift-from-mom