テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」 yuccobear.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

皆さま

残暑お見舞い申し上げます。

まだまだ暑い日々が続いていますね^^

お元気ですか?

さて、私はおかげさまで、日本橋三越デパートで充実した時間をすごしています^^

通勤電車にも慣れましたよ。

三越デパートでは、創業祭ということで

連日「まごころ」の天女像前ではコンサートが開催されていて

男性コーラスや、女性コーラス。。今日は、ペギー葉山さんでした。


そんな音楽祭の中での気持ちのいい空間でお仕事させて頂いています。



また、コンサートの合間にパイプオルガンの演奏です。

日本橋三越にあるパイプオルガンはいつもながらすばらしいです。

おそらく、全国のデパートでパイプオルガンがあるのは、ここだけでしょうね^^

このセンスも素晴らしいですよね。

先日、東京の友人のM夫妻と思わず聞き入っていってしまった曲は

バッハ「主よ人の望みと喜びを」と「アメージング・グレイス」!でした。

そして、鐘の音が。。偶然に。。。

思わず、祝福の鐘に目頭が熱くなりました。

まさに、ここは教会のようでした。




テディベアちゃんもご新規のお客様に気に入って頂いて

先日、アップしたテディベアちゃんは、ほとんどお嫁入り先が決まりました。

心から、ありがとうございました。

テディベアは、愛と喜びと癒しを届ける天使です。

私は、それをお繋ぎできて幸せに思います。


さて、イベントは、火曜日までです。

日本橋三越デパートのお客さまへの真心の接待、音楽などなど

楽しまれに是非お立ち寄りくださいませ。

テディべアともどもお待ちしておりますね。

写真は、コンサートの模様と

そして「幻のテディ」といわれる作家ロレンツオの100万円のベアです。
名前も「ソロモン」!凄いです!!
私はこの世界のベアアーティストさんの作品と同じところで仕事しています。
(大変、恐縮です^^;)


c0173826_23195724.jpg
c0173826_23204596.jpg

[PR]
by gift-from-mom | 2010-08-29 23:34
c0173826_043522.jpg


この子は、34センチ。
とてもシンプルに仕上げました。
チャームポイントは、12ミリのダークアメジスト色のグラスアイです。
一件黒の目にみえますが、光に近づけると淡く紫色になります。無条件の愛のアイ(目)です^^
ちょうど、子供が抱っこしやすい大きさでもあります。
淡いピンク。ハグベアです。もちろん、大人でもオッケーです!癒されてくださいね^^



c0173826_06538.jpg


24センチ。「夢見るベア」ジョイントは全てダブルジョイントで仕上げてあります。つまり、手足クタクタです。
頭のまだすわってないBABYのようです。
まぶたは、永遠に閉じています。王子様がくるのを待っているのでしょうか^^長いまつげがまたいいですね。

どうぞ、抱いてみてください。ふわっとした愛らしさに包まれることでしょう!

c0173826_010352.jpg
c0173826_0104536.jpg


こちらは、同じ「夢見るBABY」!ただ、この子の特徴は、生地をワイン染めしてみました。
綺麗な淡いべビィピンク色です。
また、二人の手足は肉キュウです。これがまたぷよぷよしいて可愛らしいのです^^

c0173826_0133423.jpg
c0173826_015995.jpg


「おなじみの王子とお姫です」
24センチ。手足肉キュウ。
王子には、ビンテージのリボン(イギリス製)とビンテージのボタン(イギリス製)のあるタイをしています。
頭には、王冠。

お姫は、ベージュでまとめた手づくりドレスを着てます。

全てお顔が優しくしあがっています。

これは、今度の三越デパートでの作品の一部です。
どうぞ、お楽しみにしていてください♪
[PR]
by gift-from-mom | 2010-08-17 00:23
時々、私の手から生まれながらドキッとするときがある

柔らかくって、とても優しくって、目があうと安心感で心が満たされる

「これは、私であって私でないなぁ~」っと、いつも思いつつ。。

私から生まれてくる子に感謝をする

そう、確か出産したときも同じ感覚だった

息子が生まれたときに、この子を預かったと感じたことを覚えている

さて、この写真の子は、私の手から生まれた子である

小学生の男の子が肌身離さないということで、首のところがクタクタになったので修理してほしいと

手元の戻ってきた

人間ドックならぬ、テディベアドックだ!

戻ってきた子を見て、胸が熱くなった

確かにクタクタである

しかし。。

こんなにもこの子は暖かく、優しく、柔らかく、癒しが強かっただろうか?!と

クタクタになりながらも、とてもパワフルだった

触っていて、そして見ている私自身がさらに癒されている感じを味わった

そう、この子は、私のために戻ってきてくれたかもしれない




暑い夏です!皆さん如何お過ごしですか?

今月末から東京での三越での展示会が始まります

また、新たな出会いを楽しみにしています

しかし、家の行事やらでなかなか針が進まなかった私にこの子は、

熱いものをもって戻ってきてくれました

創るもの、生まれるものは、私の心が定まったときに生まれます

全ては、心が決め手です

生まれる子は、天からの預かりものなんです

まさに私の屋号「ママからの贈り物」なんです

   <東京で、皆さんとのお出会いを楽しみにしています>

    ~テディベアとその仲間たち~

  *場所  東京・日本橋三越デパート  5F


  *日時  8月25日~31日(創作実演販売です)
         10時~17時まで。
        創作をまじかで見ることが出来ます!
        今まで買っていただいています子にドックも受け付けます。

        どうぞ、緩みにしらしてください
        テディベアと目があったら、ゆるゆるで~す^^






       
c0173826_11201310.jpg
c0173826_1120272.jpg

[PR]
by gift-from-mom | 2010-08-15 11:27 | 作品

サイン?!

この船は、まぎれもなく日本丸とかいてあった。。。。。

日本丸といえば、映画「GATE」を見られた方は、「あ~!」っと

思い出されることでしょう!

ほしの村の原爆の火をアメリカまで運んだ船は、「日本丸」だった


その船、山口の徳山港に泊まっていた

私は、先日、夫の田舎である大分へ里帰りしていた。

いつもなら、車で九州にわたり、陸まわりで帰るところが、

このたびは、徳山からフエリーで大分まで渡る

その帰りになにやら綺麗な美しい帆船がとまっているので、目についた

夏休みということもあって、見学の人も多い

私は、船の上からなので、海側から見ることになるのだが、

空もとても澄んでいて、白い帆船は、一段と美しく目に飛びこんでくる

ほかにもこの美しい船を一目見ようと海側からみているヨットやクルーザーは多かった

そして、とおり過ぎるまさにそのときに、私は、船の名前を見ることとなった

「日本丸」!

ええ!??!!!

あの「GATE」の日本丸なんだろうか?!

この美しい必然的な出会いに
c0173826_2217155.jpg
宇宙に感謝である

時に、宇宙は粋な偶然を装いつつも必然的に出会いを用意してくれる

少し夏バテ気味だった私に、嬉しい出会いを用意してくださった

私にとって映画「GATE」上映は、心に残るものでまたこの映画からの恩恵は

言葉では言い尽くせないぐらいに深いものとなった

どうやらまだまだ継続しているらしい。。。。^^

私は、こんなシンクロをいつのころから天からのサインと思うようになっている

そう。。

「まっすぐにGoです!、あなたを守っていますよ!、信頼していいですよ!」

そんなサインを私は大事にしているんです

皆さんもそんなサインがありませんか?

誰もがみな守られているのですから。。

心からです。
[PR]
by gift-from-mom | 2010-08-14 22:17

「Love and Peace inside?」

SMAP の新曲。

「LOVE and PEACE INSIDE?」

「槙原敬之」さんの「世界にひとつだけの花」につづいて出てきた曲。

とても、いい~~~~~~!♪と思っている。

マイケルの亡き後、こんな風に彼の意思をつなげている人がいるかと思うと感動する。

きっと、もうみんなわかっているんだよね。

身近なところで、私の周りは、変化している。

ブラボーな地球家族なみんなへ。

「愛しているよ~~!」


是非、新曲の歌詞を見てほしい。

そして感じてほしい。

http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=98491
[PR]
by gift-from-mom | 2010-08-09 23:26

8月6日の日

この日は、広島に原爆が落とされた日でありますが、

私にとっては母の命日なります。

母を想いながら、平和を想うわけです

今年は、あちらこちらで平和のイベントがありますね。

私も心から祈りたいと想います。

何よりも身近な人間関係から、人の心がやわらかくなりますように。。。

母が亡くなりもう今年で、13年です

母が生きていたら、今の私をどのように見たことでしょうかね?^^



さて、そんなことを想いつつ、私は、また夫の故郷でもある大分へ参ります

大分は、国東半島で、南こうせつさんも近くにいる国東市です。

今年の盆は、夫の父の初盆になります

田舎のお盆は、今年亡くなった人がいる家が当番になり、

皆さんに家の庭に来てもらって盆踊りをしてもらうのです。

踊った後は、お礼にお菓子をくばります。

これが、田舎の盆踊りのしきたりです。

私も長男の嫁をしておりますので^^;

お手伝いに行ってきます。

嫁にきて早25年。大変だったと感じていたこのようなしきたりもなんだか楽しめるように

やっとなりました。

近くに赤根温泉といって秘湯があるんですよ。

全ての仕事が終わってこの温泉に入るのが、また格別です!!^^

ではでは、皆さんも有意義な夏休みをお過ごしくださいね^^
[PR]
by gift-from-mom | 2010-08-05 23:21
写真は、我が家の庭に咲く薔薇

薔薇の名は、「ゆきさん」

私の名前にちなんで植えたもの


福山は、今年で一番の猛暑となりましたとニュースが流れる中。。。


ゆきさん、立派です!

凛と咲いています

こんな暑い中に、真っ白に、

美しく

本当に、美しいです


c0173826_22195970.jpg


薔薇から学びます。。。
[PR]
by gift-from-mom | 2010-08-03 22:22

夏の日の風

私のアトリエは、マンションの3Fにある。

南の角部屋である。

南の窓をあけると南風がふいてくるので、この暑い日にクーラーがほとんどいらない。

とても気持ちがいい部屋^^

もともとクーラーが苦手な私なので、このアトリエをとても気に入っている。

そして創作にももってこいだ!南風は、海風を運ぶ。

この海風はとてもいい。

もともと私は、マヤ暦でいうと私のkinは「白い銀河の風」。

風との相性はとてもいいのだ。そして風が大好きだ。


そして、今日もそんないつものリラックスした創作時間になるはずだったのだれど、、、、

今日は、いつもと違っていた。

窓を全て全開にしているのでさまざまな声が届いてくる。

今日、とどけた風の便りは、お母さんがヒステリーに子供をしかっているものだった。

それも、なんどもなんども。繰り返し聞こえる罵声と子供の泣き声。

あ”~~~~~~~~~~~~。

やるせない。

針が止まってしまった。

集中したら何も聞こえないのだけれども、いつも必要なものが耳に入ってくる

そんな風にいつの頃からそう思うようになっていた

そう、私もかつて幼い息子をいたずらにヒステリックに怒ったことはなかったろうか?

と反省してみる。

そして、すぐにメールをうつ。今や24歳にもなった息子に今さらなんだけれど、

その状況を説明して、もしそうだったら幼い息子にごめんねと謝りたいと素直にメールしてみた。

返事かなかなか返ってこない。

メールする気にもならないぐらいなのかもしれない

そうだ!そうだ!と改めて叱られるかもしれない

そんな想像が暴走してくる。。。

。。。。。。。。


しばらくして、息子からのメールが来る。

息子 「急に何?
     別に叱るときは叱ったら良かったと思うよ。
     こうるさいのは確かだったけれどね(笑)」


こんな大人な息子のメールに安堵する。。

いつのまにか大人になったものだ。

本当は、たくさん言いたいこともあったのかもしれないが、息子は許してくれていると感じた

感じたことがとても嬉しかった

でも、私は、幼いときの息子に、ごめんねって心にそっとおいた。

テディが運んできた風は、私自身への許しという風だった。。
[PR]
by gift-from-mom | 2010-08-02 20:27
皆さん。

暑い日々が続きますね^^

如何お過ごしでしょうか?

さて、私は、夏かぜをひいてしまいました

東京が暑かったせいかほっとしたこともあって体調をくずしております。

どうぞ、皆様におかれましてもお身体をご自愛くださいませ。

さて、今日は、お教室の生徒さんの作品を載せてみますね。

みなさん、完成したときの表情は、本当に喜びにつつまれてます。

最近、お教室に通うようになった方の初めての作品。

そしてもう一人の方は、何体つくられた事でしょうか?!^^

お母様がレースでドレスを作られたと喜んでお話くださいました。

そんな喜びに立ち会うことに、また私の喜びとさせていただいています。

今現在一番若い方で、24歳の私の息子と同じ年の女のこから、70才過ぎのかたまで、

通ってきてくださってます。

24歳の子は、広島から、高速バスで1時間半もかけてきてくれます。

また、70歳過ぎの方は、一度身体を悪くされて入院されてまた戻ってきてくださいました。

どんなに心配したことでしょう。お元気になられて本当に良かったです!!^^

そんな人とのお出会いの中で、人生のひと時をテディベアとかかわる時間がとても永遠のように思います。

それでは、またです。

c0173826_2130261.jpg
c0173826_21302559.jpg



写真は、生徒さんの作品です
[PR]
by gift-from-mom | 2010-08-01 21:30