<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
エフエムふくやま 明日の朝♪
 はずかしながら。。。。。

 皆々様へ

 明日、エフエムふくやま「GO!GO!BONGO~」777MHzにでます^^

 時間は、朝8:30~ぐらいに。。。

 どうぞ、ラジオの周波数をエムエム777に合わせてお聞きください。

 
 先日の第7回韓国テディベアコンベンションでおかげさまで2位を頂きました。

 そのときの作品が、「The Entertainer」(ザ・エンタティーナー)~The name is Koyuki!

地元備後絣を使ったものとイグサの台座の作品が、評価されました。

 その子のご報告をしたいと思っています。

 ラジオ番組でありますが、ネットで映像を発信していますので、良かったら

 こゆきちゃんを見てやってください。
 http://fm777.co.jp/pc/html/webradio.html
 

 備後絣とシルクの着物地の赤、そして母の形見の着物がさし色となって、インデイゴブルーの絣がよりはえていい感じに仕上がっています。

 ラジオでも私は、是非お伝えしたいと思いますが、

 私はテディベアの魅力に導かれて、とうとうテディベアの故郷ドイツへ、それも世界大会でもあるテディベアトータルに毎年行っています。今年でもう4年目となります。

 そのつど、ドイツの良さを体感してきますが、私は行きば行くほどに自分が日本人であることを実感しています。

 ドイツの人々は、古き良きものとうまく共存しています。歴史のある建物が普通に街の中へあるのです。
 
 また、テディベアはドイツの伝統手工芸です。

 私は、日本人であって日本のよさを表現できる作品を表現したかった。

 私は、3年前に備後絣と出会いました。

 とても素朴な素材でした。西洋の気質をもつテディベアに和の素材をあわせるということは、正直無茶なことと思われましたが、何度か作品を創りそして、このたびは、一番私らしい作品にしあがったと自負しています。その備後絣での着物で海外で評価されたということは大変嬉しく思います。

 作品にあたっては、大変多くの方にサポートいただいております。

 ひらめきもあわせ、どれひとつとっても私ひとりでは、生まれてこなかった作品です。

 この場をとうして皆さんへお礼申し上げたいです。

 どうもありがとうございました。

 また、2月1日付けの地元「経済レポート」にも載せてくださるということです。

 これらを通じて、テディベアの魅力と備後のよさを感じていただけたらと思っています。

 これからもどうぞよろしくお願いします。

 藤本

 
 


 
[PR]
by gift-from-mom | 2011-01-26 20:07 | テディベアの魅力
オールドベアの魅力
 
 ここに、可愛いオールドベアが!


 私がオフにひそかに楽しみに行く、(ひそかでもないのですが)

 リラックスしに行くショットバーがあるんです。。。。

 ここに、可愛いテディベアがおりました。

 ドイツからやってきた子。

 聞けばハーマン社のオールドベアでした。

 なかなか状態も良くて、とてもハンサムな子です。

 かってに男の子にしていますが。。。
  

 マスターと奥様は、ドイツ好き。


 昨年の暮れにドイツへ行ったときに、連れてかえってきたそうです。


 ドイツからようこそ!



 また、この子は古いものと相性がいいです。

 アンティークなものとか、それから重厚なものとか。。。

 マスターのところにある絨毯アフガンのものだそうですが(この絨毯の赤がまた素敵!^^)


 その絨毯の上にちょこっと乗せたら、ますますこの子が輝きました!!


 かわいいです。

 素材もアンゴラの生地、本物です。


 マスターの生まれた年と同じ時に生まれた子、この子は、50数歳だそうです。


 時代を見てきた子は、何を語ってくれるでしょうかね。

 こんな風に時を超えてきたベアに出合えると心がふるえます。

 

 ああ~、ベア!って素敵です。


 こんな時を越えるベアを私も創作していきたいですね^^

 
c0173826_17344672.jpg


 写真は、酔っていたせいか^^;ぼやけています。すみません。。。実際は、もっと可愛いです。
 
 手にとると時が伝わってきます。
 
 優しい手触りとむくもり、伝わってくる素朴で純な気質、

 何よりもシンプルな形。

 それから、全てを見てきた歴史の重みと

 そして、やはり暖かい愛ですね^^

 一緒に行った友人はおもわず、連れてかえりたいようでした。

 マスター!

 危なかったですね^^;

 オールドベア好きの方は、たまりませんね~~^^

 フランクフルト、レーマ広場の角のテディベアのお店。昨年、私もここに行きました。

 名前は、その地にちなんで、「レーマ」君だそうです。



 
 
 
 

 



  
[PR]
by gift-from-mom | 2011-01-23 17:36 | テディベアの魅力
頭の中はドイツ、ドイツ、もうひとつおまけにドイツです!^^
さて、

年をあけてからの私はというと、

春にドイツで開催されるテディベアトータルに出展するべく準備が進んでいます。

準備といっても今心をいっぱいにしているのはエアーチケットなんですけれどね^^

4月出発だと今チケット予約はとてもお徳なんです。

いつもとにかく格安で、それでいてドイツらしいドイツを満喫し、快適に過ごすことを目的にしています。

季節は申し分ありません。

長い冬が終わったドイツの春は、緑が豊かで大地の息吹というものは、こんなに凄いのかと心を躍らせてくれます。

車窓から見るドイツの高速脇の雄大に広がる大地は春の野菜や、緑の牧草に、そしてその草を食む馬や牛や羊の群に、きらきらと輝いています。

想像するほどに、あの景色が目に浮かびますし、鳥たちの鳴き声も耳に聞こえてきます。

ドイツに恋しているような気持ちです。

そして、今年は、どんな日程にしようかと東京の友と毎日ウキウキと計画中です!

目的は、テディベアトータルという世界のアーティストが集まる会場での出会い、コンテスト。

そして、今年もドイツのお師匠でもある有名なテディベア作家のガビィ先生にオールドテディの修理を習います。
(7月には、先生を鞆の浦におよびしてのワークショップを予定しています。)

ドイツは、フランクフルトを経由して北にミュンスターという街があるのですがそこからタクシーで1時間、田舎道を走り、レダという田舎街まで。そちらでテディベアトータルが開催されます。

今年は、フランクフルトから北東にメルヘン街道を通り、途中赤ずきんちゃんの故郷アスフェルトという田舎街へ計画中です。その街は、300年以上の前の古き木組みの家が残る田舎街です。

わあ~~~~~!!ドキドキしてきました。一年に一度のご褒美をかねてのドイツの旅です♪

テディベアが運んでくれた見えない豊かさに心から感謝です。
テディベアと出会わなかったら、私は年に一度、ドイツへ行こうと思うこともなかったし行くこともなかったでしょう!

そして、生徒にテディベアの魅力や故郷のドイツの良さを伝えることもなかったし、何よりもテディベアの先生をすることもなかったと思います。

また、ドイツへ行きながら、日本の良さも再意識することはなかったと思います。
私は、海外へ行くと自分が日本人であることをより強く感じます。

ドイツへ恋しつつ、やはり日本が一番と思ってしまうのです。。
そして、私を育ててくれたここ備後地方をとても大切に思うのです。

戻れる故郷があるからまた、ドイツの旅も堪能できるのかもしれないですね。
日にちの備後での私の生活があって、ドイツがあるような気がします。

それでは、またです。


皆さんにとっても、日にちの生活を充実して過ごされますようにと祈ります。

心から。
[PR]
by gift-from-mom | 2011-01-19 11:31 | ドイツ
2世代ベア^^
さて、先日は可愛いお客様がいらっしゃいました~!!

太一君という7ヶ月の男の子^^とそのお父さんとお母さん。

「かわええ~~~~~~~~!!」

よだれたれました。はい!よだれは、太一君もですが、私もです^^

この写真後ろに、3体のベアが一緒に移っています。

太一君のお父さん、お母さんの結婚式のときに、2体をギフト。

お父様は、かん吉君、そしてお母様は、いろはちゃんです。(東京の友人の何人かは、もしかしてご記憶にある人もいるかもね^^)


そして、生まれた息子さんが太一君!その誕生のギフトです。

まさに、2世代のテディベアです。

どうぞ、いついつまでもお幸せにと願っています。

末ながくテディベアを可愛がってやってくださいませ。

愛されるベアをこれからも創作していきたいですね

心から。


c0173826_112229.jpg

[PR]
by gift-from-mom | 2011-01-09 01:17 | テディベアの魅力
  

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。
by gift-from-mom
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31