テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」

yuccobear.exblog.jp

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。

<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 
 ドイツの旅も後半、番外編です。
  
 Gaby先生の住むショーンドルフから車で1時間チュービンゲンというオールドタウンがあります。
 シュバルトバルト(黒い森)地方に近い街らしく、緑が豊かで本当に素敵なところです
c0173826_19554657.jpg
c0173826_19591196.jpg
 
お医者さんの卵たちがいる大学の多い大学の街でもあるのです。しかし、この大学も古くからある大学で、
ヘルマン・ヘッセは有名ですね。「車輪の下」はここで書かれたと言われています。
 もう、大学が街なのか、街が大学なのかわからないくらいです。

 そして、オールドタウンには、やはり!朝市が!美味しそうなお野菜たち!
c0173826_19524317.jpg
c0173826_19531192.jpg

c0173826_19544181.jpg
 

 そして、わたしたちは、チュービンゲンから車でさらに30分ちかく走らせ、黒い森にあるホーエンツオレルン城へと行きました。まさに、中世にタイムスリップしたかのような場所でした。
山の頂上にあるこのお城は、とても美しく、また山の中にあって、鳥たちのさえずりを聞きながらお城へと向かいました。忘れられない景色と認定されました。ドイツはこんな素敵なところがたくさんあります。
自然と共存しているからなのでしょうか?私たちも学ぶ必要がありますね。

c0173826_2034338.jpg

 
*お城へと続く森の道。あちらとこちらの境界線のような感じがします。森の精霊たちを感じます。
この子たちがこの山をそしてお城を見守り、そして歓迎してくださっているのでしょうね。
皆さんたちにも写真から精霊たちを感じられたらいいなあ~。
c0173826_2041286.jpg
c0173826_2044590.jpg
c0173826_2051038.jpg



*お城の中を見学した後、待ってましたとばかりに歓迎のようなオールドミュージックが♪
 実は、丁度このお城のチャーチで結婚式があったんです。それに遭遇した私たちは幸せです。
c0173826_2053311.jpg



*そして、ここのお城までに行く途中の道路沿いには、たくさんのオールド、アンティークな家具や陶器や、掘り出しものがいっぱいのお店、古道具屋さんのようにあるのです!運べるものなら。。。持って帰りたくなりました。

c0173826_2055549.jpg
c0173826_2063029.jpg


さあ、この黒い森で癒された私達の旅は、終わりました。

最後までお付き合いしてくださってありがとうございます。また、来年も素敵な出会いがあることを願い、また、このドイツのように鳥や虫たちが森や大地へと豊かに育つようにと願ってなりません。
c0173826_2022080.jpg

緑は、ひとの心を癒し豊かな想像へと導きます。また私の創作へのエネルギーでもあるのです。
一年の間また頑張って創作に励みたいと思います。



どうぞこれからも、よろしくお願いいたします。


心からです。

それでは、またです。
[PR]
by gift-from-mom | 2011-04-30 20:01 | ドイツ
 リューデスハイムを後にわたしたちは、南ドイツへと向かいます。

 ベンツの故郷でもあるシュットトガルトという街のそこからもう30分ほどの小さな街ショーンドルフへ。

 そこは、私たちを待つベア作家のGaby先生の住む街。

 やはりオールドタウンです^^

 街を離れて緑の豊かな郊外にGaby先生のお宅はあります。

c0173826_14135712.jpg
 
 
*このたびのベアレッスンの内容は、「オールドベアの修理」です!
 とおおお~っても楽しいレッスンでした^^
c0173826_1417830.jpg

 
c0173826_14154223.jpg

 
c0173826_14255519.jpg

 *こんな風にぼろぼろだったオールドベアが再び日の目を見るのです!
   やっばり、ベアってやめられません。
  
c0173826_14192280.jpg


 *それから、やっぱり、先生のテラスで頂くお茶タイムもたまりませんね。
c0173826_1446414.jpg

 
*う~~~~ん!この景色!私の理想ですね^^
c0173826_1447610.jpg


 *そして、先生のお庭でみんなと記念撮影!Gaby先生とスタッフのロージーさん!
c0173826_14211777.jpg


 *テディベアのレッスンを1日かけてレッスンした私たちを待ってくれた夕食は、昨年もいったレストラン。
 もちろん、アスパラを食べさせてくださいます。
 オーナーさんも覚えてくださっていて、パンケーキの差し入れをくださったりと。感激です!
 
 ところで、英語通じているかって?!

 フフフ。。。半分半分かな(笑)。。でも愛は、世界共通ですから!!
 
c0173826_1426569.jpg
c0173826_14273814.jpg


  
c0173826_14341231.jpg

*ショーンドルフの街の中のお店。可愛いお店ばかりです。
c0173826_14343634.jpg
c0173826_14361497.jpg


*また、丁度イースターの真っ只中!街の飾りはイースターエッグの飾りでいっぱいでした。
c0173826_1533567.jpg
c0173826_154520.jpg

 卵は、殻を破るっというこからも復活、再生を意味します。今の時期にぴったりですね。
 
[PR]
by gift-from-mom | 2011-04-29 14:41 | ドイツ
 
 テディベアトータルのあったレダの街を、後ろ髪をひかれるような気持ちであとにしました。

 そして、私たち一行が次の目的地にむかった街はリューデスハイムという街♪

 ライン川を目の前に、ワインの美味しい、ワイン畑の続くリューデスハイムの景色は私たちの心を癒し、

 やさしく迎えてくれました。

 リューデスハイムの写真の前に、もうひとりこの旅の相棒を紹介しましょう!

 このたびフランクフルトの空港から私達はレンタカーを借りました。

 この旅の足となってくれたボルボ!なかなかいい相棒でしたね。

 
c0173826_18273517.jpg
c0173826_18275670.jpg


 そして、道に迷った私達を親切に案内してくれたナイスガイもね。
 彼は、日本のこのたびの災害も大変心配してくれてお見舞いの言葉もくれた本当に優しい彼です!
c0173826_18293470.jpg


 さて、お待ちどうさまです。
 まずは、レストランにてドイツの郷土料理とワイン、ビールをしたつつみ。
 私たちは夜遅くにつき、ホテルがレストラン付だったものだから(これも計算ですが。。)チェックインとともに美味しい食事にありつけました。本当に、美味しかったです。
c0173826_18333646.jpg

 それから、翌日はとてもいいお天気に恵まれて私たちは、ライン川を見渡す丘のレストランにて、念願のアスパラのスープとアスパラのバターいためを頂くのです。
 これ!これ!どんなに食べたかったか?!一年分のご褒美のように思って頂きまhした。
c0173826_18364434.jpg


 景色も胃袋も満たされて、しばし午後過ぎまで私たちはライン川の丘で景色を堪能しながら心も休ませました。
 明日からは、もうひとつの旅の目的、ドイツベア作家のガビィ先生のレッスンですから!!
c0173826_18385763.jpg
c0173826_18394737.jpg


 *リューデスハイムは本当にワインと郷土料理のレストランがいっぱいです^^

c0173826_18402562.jpg


c0173826_14593327.jpg

 *私たちが泊まったホテルです。また次回もここに決まり!
c0173826_14581911.jpg
c0173826_14585241.jpg

[PR]
by gift-from-mom | 2011-04-28 18:44 | ドイツ
  
 TEDDYBEAR TOTALは、毎年北ドイツの小さな田舎街レダというところでありましたが、

 こちらは、今年で最後の会場となりました。来年からは、ミュンスターという街で開催されます。

 この街は、本当に小さな可愛いらしい街で、緑は豊かで、また石畳の残るオールドタウンです。

 近くにはまた城主さまが住むお城があって、広大なお庭もあるのですが、土日は、一般の方にも公開されるています。

 それから、私の定宿にしていたホテルも小さくて可愛いホテルでした。近くにスーパーもあって、またパンやさんもあって、朝市もやっています。毎年、このホテルが見えてくるとやっと着いた!と安堵したものでした。

 日曜日には、朝から教会の鐘がなっていて、必ず少しの時間でも教会に足を運び、こちらに来させて頂いていることへの感謝と祈りを捧げてきました。

 それが、今年で最後となると感慨深いものがあります。

 私は、きっと二度とこの街へ来ることはないでしょう。しかしこのレダという街は、私に多くの喜びを運んでくれました。どれだけ感謝してもしきれないぐらいです。


 レダの街よ

 ありがとう!

 それでは、レダの街の様子とテディベアトータルの会場での写真を!
*朝市のお花やさん
c0173826_1213081.jpg

*会場での皆さんは、ベア好きばかり!
 まずは、祝賀パーティで、毎年一緒に行く仲間たち!栄えある賞「GoldenGorage」を頂いた旬の顔です。
c0173826_1233537.jpg

*赤の羽織は、母の形見。赤が私のトレードマークとなりました。渡辺さんと一緒に。(渡辺さんのブースの前)
c0173826_1214228.jpg
c0173826_12145982.jpg
c0173826_12152241.jpg
c0173826_1217502.jpg
c0173826_12215234.jpg
c0173826_12221131.jpg
c0173826_12241588.jpg


*レダの城主さまがいらっしゃる居住まい
c0173826_1291034.jpg


*いつも足を運んだ教会Stクレメンス教会
 日曜日の最後の鐘には泣かされましたね。。まさに祝福の鐘でした!
c0173826_12102960.jpg

[PR]
by gift-from-mom | 2011-04-27 12:29 | ドイツ

ドイツの生活♪

 
 
 ドイツの旅の楽しみのひとつに食べ物があります。ありでしょう!!!!

 この時期を選んで来るには、訳があります!!^^

 この時期にしか食べることがかなわないと言われる白アスパラガスが朝の市場にあちらにもこちらにも!

 よだれが。。。。。。。^-^;

 毎日食べたい私です

 そして、ドイツの朝食はチーズのてんこ盛り!ハムのてんこ盛り!ドイツパンのてんこ盛り!

 ああ~~~^^;また太ってしまいます^^;

 でも、いいんです!私は、このためにドイツへ来ているのですからね^^

 
c0173826_16294324.jpg

*アスパラのバターソテー
c0173826_16303283.jpg

*アスパラのスープ
c0173826_16305276.jpg
c0173826_1631459.jpg
c0173826_1631202.jpg
c0173826_1632359.jpg
c0173826_16322611.jpg
c0173826_16324577.jpg
c0173826_1633931.jpg



 そして、街のあちらこちにはお花が可愛く飾られ、あるいは朝の市場にもたくさんに!

 お花の値段も大変お安いです。これには、びっくり!

 こちらの方は、心の豊かさを本当に知っているようです。

 それも、

 お店は、お昼休みがはっきりしていて、10時から12時半にまず閉まります。
 午後は、2時半から、そしてだいたい6時までです。
 レストラン以外は本当に閉まってしまっているです。

 観光客なんておかまいなしです。 
 それ以外は、お店はしまったままでお水一本さえ買えません。

 人々はどうしているかというと、、、、、

 家に帰って家族と一緒に食事するわけです。庭もしっかりと手入れがいき届いています。

 皆さんにご一緒に考えていただきたいです。
 
 ドイツの人たちは、時間を人に合わせていないんです。

 ライフスタイルがはっきりしています。もちろん、街の明かりは少ないです。

 それから、街の中に住む人はほとんどの人が移民の人らしいです。
 ドイツ人は、郊外に家を建てると聞きました。
 自然の豊かなところにです。

 私のテディベアの先生、ガビィ先生も郊外でした。緑しかない、空気の美味しい見晴らしのいいところにいらっしゃるのです。


c0173826_164487.jpg
c0173826_16442558.jpg


ガビィ先生の家のテラスで昼食を!外の景色といい、アスパラスープといい、パアーフェクトです。

c0173826_16452079.jpg

 
このたびのワークショップのオールドテディの修理はとても楽しかったです。
修理されて再生されたテディも先生のテラスで日光浴!

c0173826_1646427.jpg

 
 
[PR]
by gift-from-mom | 2011-04-26 16:50 | ドイツ
ただいまですぅ~~~~~~~~~~~!!

ドイツより戻りました!!!!ちょっと時差ぼけです。。。。

さて、このたびのドイツはおかげさまで大変有意義な時間となりました。

順々にお知らせしますね^^

それも、夢に見た「Golden Gorage 2011」カテゴリー2でノミネート2作品で充分すぎるほどの光栄を頂いたにもかかわらず、

さらにwinner!となりました。

これは、これまで支えてくださった皆さんと一緒に頂いた賞だと思っています。

応援してくださった多くの皆様に心から感謝を伝えたいと思います。

本当に、心からありがとうございます。

この作品は、いつもアトリエにおいてありますのでいつでも見にいらしてください。

*(またこの7月にドイツベア作家のGaby先生をお迎えしてイベントをいたします。その折には、また鞆の浦の「いろは」で展示をいたします。同時に作品展示会もいたしますので、お足をお運びくださいね^^)詳細はまたあらためでお知らせします。

また、多くのドイツ人のかたからこのたびの被災のことでは、いたるところで日本へのお見舞いの言葉をかけてくださいましたことをご報告いたします。
とても、皆さん、親切な方ばかりでした。

あらためてこの被災は地球上の人が引き受けている被災なんだと深いところで感じてきました。

私が日本人だとわかるとほとんどの方が私に被災のお見舞いの言葉をかけてくださったのです。

心を痛めていることと、それから日本人がどれほど忍耐深く、それから心がストロンガー(強い)であるおほめの言葉さえかけてくださいました。

私は、このたびのドイツはそのことも合わせて「Peace Bear」をしてきました。これは、ひと針運動で、祈りのひと針をしていただいてベアを完成されて子供たちにいつか届けたいというものです。
c0173826_0283356.jpg


c0173826_0291849.jpg



ガビィ先生も自宅でご協力くださいました
c0173826_16165253.jpg


被災した子供のためにとベアをもドイツの作家さんから預かりました

c0173826_030956.jpg

c0173826_16162925.jpg



責任を持って、届けたいと思います。

では、winnerのテディベアを見てやってくださいね。

題「The Entertainer~Koyuki」~傘の上でサイコロをまわします♪

          ”おめでとうございます”

それから、少しづつお土産の写真を随時アップしていきたいと思います。

どうぞ楽しみに!

これからも、ベア道に精進してまいりますのでどうぞよろしくお願いします。
c0173826_0504360.jpg

手にとってくださる方が恋してくださるようなテディベアが目標です。


c0173826_0454359.jpg


*こちらの作品はおなじカテゴリー2でノミネートされたもうひとつの作品です。
 実は、私は、ノミネートの時点で2作品がのこっていたんです。
c0173826_0455892.jpg

[PR]
by gift-from-mom | 2011-04-26 00:30 | ドイツ
さて、皆様。

私は、明日から成田経由でドイツへ1週間行ってきます^^

フランクフルトへ着いたら、北へと行きます。

まずは、赤ずきんの故郷「アスフェルト」へ。

そして、2日目は、テディベアトータルのある会場レダという町へといきます。

デユッテセルドルフから車で1時間半かしら?近くの小さな村ですが、こちらに世界中からベアファンがやってくるのです^^

トータルの2日間のイベントが終わると私たち一行は、ライン川沿いの町リューデスハイムへと。

ワインをたんまり頂いてきます。

どんどん南へとガビィ先生のいるシュットトガルトへ行ってまいります。

先生のワークショップを受け、昨年行ったレストランでフォワイトアルパラを頂くのがまた楽しみなんです!

それでは、行ってまいりますね。お土産話を楽しみに!

私がいない日本は、きっと寂しかろう~~^^

(写真は、昨年のドイツの様子。)
c0173826_19284976.jpg
c0173826_7121519.jpg

[PR]
by gift-from-mom | 2011-04-12 19:29 | ドイツ
 今日は、暖かな日でしたね^^

 皆さん、如何お過ごしですか?

桜の季節となりました。

 毎回思うのですが、私は一年で一番この時期が大好きです。

 花粉症の人は苦手かもしれませんね?あるいは女性では、木の芽立ちと言ってあまりいい感じの季節でない方がいらっしゃるかもしれません。

 でも私は、この季節はとても好きなんです。

 長い冬のあと大地からたくさんの花々や虫たちの訪れ。

 また、色鮮やかな花を咲かせる木々美しさに、心がうきうきしてくるのです。

 気分は大胆かもしれません^^

 毎回、この季節にドイツへ行くことも、そのひとつでしょうか。

 また、いろいろな意味で春は、日本人にとっては新たな門出でもあるこの時期。

 別れと出会いの交錯したこの時を愛しく感じてしまいます。
 
 皆さんは、どのように感じていらっしゃるでしょうか?



 さて、ドイツの出発が来週となってしまいました。

 福山13日たち、成田14日出発です!戻りは、22日となります。

 まだ、荷物パッキングしていませ~~~ん。

 何を持っていくかって?!

特大のスーツケースの半分はテディベアちゃんですよ~!!^^ びっしりとね!

 最後の追い込みをかけています。丁寧に仕上げかけています。

 ドイツの皆さん、あるいは新たに出合う方に喜んでいただきたいばかりです。

北ドイツのレダという町で、テディベアを求めて世界中からバイヤーや作家が集まってくるのです。


 そして、この時期に海外へ出かけることは、日本を強く意識してくることでしょうね。

 人々は、大災害を体験した日本をどう思っているでしょうか?

 これも毎回ですが、私は、ドイツへ行くたびに日本人の血が脈々と流れていることを感じるんです。


 さて、このたびのドイツはどんな旅となるでしょうか?

 
 
 わくわくドキドキです^^

 


 
[PR]
by gift-from-mom | 2011-04-06 20:56 | ドイツ
今日は、いつもより少し寒い日でしたが、府中「恋しき」にお足を運んでくださってありがとうございます^^


ちょこはぴ倶楽部の企画で参加させていただきました!

「恋しき」は、昔は結婚式も行われていた旅館でした。今は、古き良き時代の香りのする古民家に再生され、

さまざまなイベントを催しされています。


皆さん、お疲れ様でした。

私の展示の場所には「一笑千青山」の言葉がかかっていました

苦難の時に、笑うってこそ霧が晴れたかのように今まで見えなかった千の山々が青々と見えてくるという言葉です。

今こそでは、ないでしょうか?!

被災があって日本は、火が消えかかっている状態ですね。西日本が盛り上げていこう!と

仲間内で話しています。

義援金ももちろんのこと、されど私たちが東北や関東が再生するまで

お金を今こそ使って経済を守りたいですね^^

私の仕事は、テディベアをとうして夢を売る仕事だと思っています。

テディベアを通じて、皆様にテディベアの向こうにある夢を感じていただけたらと願って創作しています。

今日も、3体の子がお嫁に飛び立っていきました。

可愛いと人目ぼれされたと手にとってくださった方。

結婚される友人にプレゼントされたいと、これもご縁ですね~っと言って下さった方。

そして、お孫さんにプレゼントしたいと言って、持ち合わせがないからいったんご自宅に帰られて、2度も
足を運んでくださった方。

いいおつなぎが出来て大変うれしく思いました。

本当にありがとうございました。

またのお出会いを楽しみにしております。

さて、この日は、坂本龍馬さんととおいらんさんも貸衣装で登場で会を盛り上げました!

ハープのコンサートもあり、また、お庭では男性による野だてがありましたね。

素敵な一日でした。

写真は私のこのたびの作品です。

*備後絣による作品。

c0173826_0282483.jpg


*今日も人気でした!うさぎの眠り姫
c0173826_0284021.jpg


*展示の子ら
c0173826_0291019.jpg


*なんちゃって坂本龍馬&おいらんさん

坂本龍馬に変装されたのは、ウエスギの高橋専務さん。なりきっておいででしたね~!!(笑)
 おいらんさんは、有志の方でした

c0173826_0441932.jpg


みなさ~~~~~ん。ご苦労さまでした!
次回は、おいらん道中されませんか?!!
[PR]
by gift-from-mom | 2011-04-04 00:42 | 作品展