テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」

yuccobear.exblog.jp

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

共感するということ♪

 
 残暑厳しい折です。

 暑いですよね。

 今日は、レッスンしながら汗タラタラでした。

 日頃から、クーラーはあまりつけない私も、さすがにかけましたが、

 なぜだか、効かないんですよね~。

 「あれ?何かが変?」っと

 「まあ、これぐらい暑いから、クーラーも効かないのか」と思っていたら、

 
 実は、クーラーの故障^^;だったりで。。。。

 今日の生徒の皆様、ごめんなさいです。

 まだまだ、暑いですものね~、明日一番に業者さんに来て頂くこととなりました。

 餅屋やは、餅屋とよく言ったもので、とてもありがたいことです。

 沢山の業種さんが居てくださって感謝です。



 さて、今日の話題です。

 友人が、言いました。

 アフリカでの人身売買の実態、それから、臓器売買で幼い子供たちが売られている現実が

 この世にあって、新聞に掲載されました。

 友人は、涙ながらに語ります。

 「何が出来るだろうか?」と。

 
 さて、こんな現実には、かないません。

 悲しいぐらい無力w感じてしまいます。

 何かが出来るようにも思うし、それ以上に何も出来ない自分にうちのめされます。

 友人にも頷くしかできない私です。


 しかし、この共感でいいのだと今日は、気づきました。

 共感していく。

 今は、それだけでいいのだと。

 涙する友と同じく涙する。

  悲しむ友と同じく悲しむ。

  無力w感じる友と同じく無力w感じる。


 そうすることで、いつか自然と心があふれて形になる時が来ると。。。

 天は、それさえも養ってくださっていることに信頼しているだけでいいのだと。



 あなたのために寄り添うベアw創作したいと思うこの頃です。

 私の心は、いつもテディベアに反映されていきます。

 


 さて、今から、来春のドイツに向けての創作が始まります。

 構想はやや出来ています。まだまだ頼りない感じのややです。



 今年の夏は、夏バテと、それからイベントの疲れに悩まされた夏でした。

 こんな夏は、初めて体験しました。

 正直参りました。(年のせいには、したくない私です^^;)

 しかし、私の心は知っています。

 こんな時w経て出てくる子の特別さ。そして予感。

 最近、注文があって出来上がった子に、ドキッっとした私でした。 


 どんな子が出来るかは、私の心がいつも導くのです。

 待つという心の忍耐も時には、必要ですね。

 それも、希望して待つということです。

 希望は、決して裏切らないというのが私の今の力かもしれません。

 それでは、またです。



 新月の日に、つれづれに。

  

 



 
 

  
[PR]
by gift-from-mom | 2011-08-30 00:07
 お盆がすぎて、なんだかいきなり秋のような気温です。
 
 皆様、如何お過ごしでしょうか?

 私は、いつになく夏バテ気味です。そろそろ創作モードとなっていかないといけないのですが。。。

 そんな時、久しぶりにドイツの特派員のYumiさん^^からドイツ便りが来ました!

 yumiさん、ありがとうです。元気になりますね~!!

 このたびは、yumiさんが住むデッセルから車で2時間、オランダからの旅たよりです。

 ヨーロッパは、陸続きですから車でしゃーっと行ってしまうことが可能なんですよね。

 また、特別デッセルドルフは、ベルギーにもオランダにも近いそうです^^

 さて、yumiさんからの素敵な便りと写真から、夏バテ気味の身体と心w癒してくださいね。

 このたびも、鉄男くんが案内役で、そしてまたまた幸が、登場します。

***************************
Yumiさんより、

先日 DUSから車で2時間半のオランダの村 ヒートホールン(Giethoorn)へ行って来ました。
オランダでは水郷の村として知られる全長7Kmの小さな村です。

かつて泥炭(Peat)を採掘した跡が 湿地帯に囲まれた水路や湖となって残っていて
村人たちはそこを行きかう小船と自転車を主要な交通手段として使用し、家は茅葺き屋根です。

またまた 幸ちゃんといっしょのお出かけです。
ちょっぴり 雨模様。



c0173826_21365539.jpg


c0173826_2137287.jpg


c0173826_21374177.jpg

 *ハウステンボスのような風景に心が癒されますね。
   オランダの人の心の豊かさが感じられます。
   風景と家と、自然が一体化してしまうんですよね~。。


 
c0173826_22234677.jpg


c0173826_22241148.jpg



c0173826_21382088.jpg

*疲れたので一休み。
  おなかが空いたかな?  by yumi

c0173826_21384187.jpg

 *うなぎバーガーと鉄男君

うなぎの燻製。

生のうなぎを めざし のように金串で一列に刺してこれから燻製にします。
オランダでは 丸ごと(姿のまま)燻製にされたうなぎが魚屋で売られています。
このパンはそのうなぎの皮と骨を除いてパンに挟んだもの。
身は白身で少しだけ燻製の香りがして 味は淡白でおいしい!
蒲焼になっていなくても 川魚なのに土の香りなどもしません。
村の蚤の市の屋台でした。

このうなぎを使って うなぎの蒲焼もどき もできるそうですよ。 by yumi

c0173826_21385464.jpg


c0173826_2139813.jpg


*リブアイ サンド

生肉が挟んであります・・・と説明され オランダのリブアイって生?
おいしかったけれど ちょっと驚きのメニュー。
                                  by yumi

 


 さて、皆さん、如何でしたか?
 
 ヨーロッパに行くといつも感じるんです。
 あちらの方は、いつも自然と共存しながら、また、古い建物や故人が残したものと共存して人生w楽しんで  おられる。
 そんな、生活スタイルに、私は大いに共感してしまうのです。

 見えない心の豊かさがそこにあるからだと感じてなりません。

 その中から、テディベアが生まれてくることが素敵なんですよね。

 ドイツ生まれのテディベアが世界中に愛される理由です。

 yumiさんご夫妻もとても素敵なライフスタイルで、感じているものが写真にあふれています。

 そんな写真の数々のギフト。

 いつも、素敵な風景写真や、そして食いしん坊な私達のために貴重な写真w提供してくださっているyumiさんにそして、鉄男くんに心から感謝です。


  
 さて、来年のドイツがまたまた楽しみな私。。。

 さあ、来年のドイツに向かって創作するぞお~っと。

 おおお~~~!!(笑)

 

 
[PR]
by gift-from-mom | 2011-08-23 22:01
  
  来年のことは鬼が笑う!と言ったものですが、

  もう、来年のドイツで開催されるトータルの出展要項が出ております!!

  それが、来年から日本語でも対応が出来るようにHPがなってきました。

 活気的であり、日本が注目されている証拠ですね。


 素晴らしい~~~~~~~!!

 なんせ、ドイツ話、英語、そして日本話ですからね。。。

 今まで、英語で苦労しましたが、これからは日本語対応です。

 窓口も日本語となってきました。

 

 苦労も今となっては、花でしたがね^^


 HPのアドレスです。http://teddybaer-total.jpn.com/

 

 
[PR]
by gift-from-mom | 2011-08-11 09:54 | ドイツ

今日の音楽♪


 福山は、今日はとても暑いです^^;

 皆さん、如何おすごしですか?

 時折吹く風に、癒されますね。



 さて、今日は、朝からバッハ作曲、無伴奏チェロ組曲聴いてます。

 久しぶりに持つ針にとてもいいです!



 あるいは、涼やかやに過ごしたい時に、またしっとりしたい夜にこの曲は、いいかもしれません。

 良かったら聴いてみてくださいね。

 また、こんなYoutub見つけてみました。

 バッハは、ドイツの人。ドイツの風景、お城と一緒に!


  



 

 
[PR]
by gift-from-mom | 2011-08-09 15:43 | お勧め

創作という醍醐味♪

 ご無沙汰です。

 とてもいい休日w過ごしています。

 先日は、車で片道1時間、四国の坂出にある東山魁夷せとうち美術館に行ってきました。

 先生の祖父さまが、ここから見る島の出身であるということだそうです。

 瀬戸内の海の側に、ひっそりとその美術館はありました。

 東山魁夷画伯は、私の青春時代から大好きな画家のひとりです。

 雨の降る日は、山を見るにつけ、東山先生の絵の世界でもある緑の山を思うのです。

 久しぶりに見る先生の絵は、想像以上でした。

 絵の中に命が息づいているのです。

 天皇家にも奉納されている方、唐招提寺に献上されたふすま絵は、鳥肌ものです。


 この度も、素晴らしい絵w見て来ました。

 とても、感動しました。

 感動とひと言で言うには、言葉が足りないものです。

 
 創造とは、このようなものだと思いもしました。

 先生の見ているものが、いつも自然の中にある命そのものであること。

 先生のスプリットに触れて、創造の醍醐味w感じて来ました


c0173826_2125872.jpg



 緑と鏡のような湖、そして白い馬。
 この湖に映る緑の絵は、ドイツでの旅の中から生まれてきたという作品のひとつ。

 やはり、この緑はドイツでしたか。。。。ドイツつながりかな。と嬉しい私です。

 
c0173826_212696.jpg




 
 私の好きが、今、ひとつに集まろうとしている。。。。
[PR]
by gift-from-mom | 2011-08-04 21:07

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。


by gift-from-mom