<   2015年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
岡本太郎の言葉
芸術家岡本太郎の言葉。

「いいかい。怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ」

「友達に好かれようと思わず、

 友達から孤立してもいいと腹をきめて、

 自分を貫いていけば、

 本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる」

「自分と言う人間をその瞬間瞬間にぶつけていく。
そして、しょっちゅう新しく生まれ変わっていく。

エネルギーを燃やせば燃やすほど、全然別な世界觀が出てくる」

「手慣れたものには、飛躍がない。

 常に猛烈な素人として、危険を冒して、直感にかけてこそ、ヒラメキが生まれてくる」

「自分に能力がないと決めて、

 引っ込んでしまってはダメだ。

 決意のすごみを見せてやるつもりで、やればいい」

「人生の目的は、悟ることでない。

 生きるんです。」

「僕だってしょっちゅう行き詰まっている。

 行き詰まったほうが、おもしろい。

 それを突破してやろうと挑むんだ。

 もし、行き詰まらないとしたら、面白くない。」

「芸術は、爆発だ。そして、命もまさに爆発です。」


********************

今日で8月は、終わりました。。。

暑い夏でしたね。

秋のイベントに向けて動いています。

しかし、作品がなかなか生まれて来ない。。スランプです。。

はい。私もこんな時があります。。

今まで幾度味わったことだろうか!?

あっ~、来てほしくないときにまた、これが来るんですよね。。
でもね、幾度も味わったからこそ、確信はあります。
きっと、全ては上手く行っている♪

でも、毎回同じで、泣きたくなるぐらいに行き詰まってます(笑)


諸先輩方の言葉に、奮起する今日この頃。

岡本太郎さん、ありがとうございます~!

(*^^*)

皆さ~ん!是非、晴れ晴れした私の顔を見に、10月23日~24日の福寿会館でのテディベアのイベントにいらしてくださいませ。\(^o^)/

私のドイツの先生も来られます。作品も見ることが出来ます。

先生によるトークショーも企画しています。

お楽しみに!\(^o^)/

また、詳細は、近くお知らせします。


Coming soon~!

c0173826_14411525.jpg

[PR]
by gift-from-mom | 2015-08-31 14:22
鷹の一生♪

 こちらは、鷹の一生の物語

 何度、観ても感動します。。。



鷹は、70年生きると言われます。

しかし、40年を過ぎた頃の事、

鷹は、大きな“決断”をしなければなりません。
その爪は、弱くなり、
そのクチバシは、丸くなり、
その翼は、重くなり、
そして、飛べなくなり、獲物がとれなくなります。


鷹は、2つの大きな“選択”に置かれます。

ひとつは、このまま何もせずに、死を受け入れ、その時を待つ。

もうひとつは、道は苦しく険しくとも、自分探しの旅に出る。

その鷹は、あえて険しくとも“自分探しの旅”を選びました。


その鷹は、まずは、山頂に巣を作りました。

その後、鷹は、“苦難“が待っていました。

丸く曲がったくちばしを自ら岩に叩きつけ、壊す。
すると、新しいくちばしが生まれてきます。

そのくちばしで弱くなった爪をひとつづつ、剥ぎ取ります。

新しい爪が生えてきたら、
今度は、重くなった羽を全て抜き取るのです。

こうして、半年が過ぎて、

鷹は、新しい姿に生まれ変わり、また、再び大空に羽ばたいていくのです。


これから先は、変化を望んだ鷹だけが見ることの出来る30年です。。。

これは、生きる意味を問われる鷹からのメッセージです。




 
[PR]
by gift-from-mom | 2015-08-30 10:21 | お勧め
妖精の住む村♪
子供の頃、妖精や天使を信じていた。

そして、今も。。。

そして、まるで、妖精とともに生きているだろう村がある~♪♪♪

こちらは、ニュージーランドのホビット村♪

夏休みも後少し、映像で楽しんでくださ~い。

c0173826_10211938.jpg


c0173826_10212395.jpg


c0173826_10212509.jpg


c0173826_10212878.jpg


c0173826_23122778.jpg


素敵~!\(^o^)/

世界には、まだまた、知らない未知なる世界がある。

私は、自由に、何の保証もなく、制約もなく、約束もなく、その未知なる世界に行きたい~~!






君とともに♡

c0173826_10134116.jpg



[PR]
by gift-from-mom | 2015-08-22 10:17 | お勧め
毎日が特別な日の連続であったら良い♪

こちらの文章は、わずか13才で骨の癌で亡くなった女の子が鏡の後ろに書き残したメッセージです。

魂の勇敢な少女に元気をもらいました~!(*^^*)
皆さんと分かち合いたいと思います。

如何でしょうか?

********************

「幸せとは私たち次第なのです。ハッピーエンドで終わらなくても、お話自体に意味があります。」

「生きることの意味は意味のある生き方をすることです。平凡な人生と素晴らしい人生の違いはこの小さな違いです。」

 「幸せは目的地ではなくて向かう方向です。存在することをありがたみ、幸せで自由、信念を持って、いつまでも若くいましょう。」

「私の名前を知っていても私の話を知らないでしょう。私のやったことを聞いたとしても、私の経験したことは知らないです。愛とはガラスみたいなものです。見かけはすごく綺麗でも、とても壊れやすい。」

「毎日が特別な日です。だからできるだけのことをしましょう。明日人生を終わらせる病気にかかるかもしれないので、毎日できる限りのことをすることが大事です。人生は自分が悪くしない限り悪くなりません。」

「愛は少なくて人生は不思議、永遠に続くものはありません、人は変わるものです。人生はだれもが遊べるゲーム、でも愛が唯一の褒美です。」

「もし誰かがあなたのことを愛しているなら、どんなに状況が厳しくてもあなたを手放すことはありません。人生は良い時も悪い時もあることを思い出してください。悪い時がなければ良い時の意味もありません。」

「あなたが私のそばにいてくれることを知っているから泣く理由はありません。」



********************

お父様が娘さんの部屋を片付けていて、鏡の後ろのメッセージに気が付きました。

大変な病と闘いながら、生きる大切な心を守っていた彼女に、ブラボー♪です。

毎日が特別な日にするのかしないのかも、私達自身の心が決めると思います。

私は、生きてることに感謝して、今、出逢ってる人を愛していることを幸せに思って、毎日の奇跡は、自分で起こすぞ!と決意する成り~♪♪♪


今日も愛してやまないテディベアと一緒だ~♡



[PR]
by gift-from-mom | 2015-08-18 09:02
夏休み猛特訓~ドレス作りの巻
今日は、福山へ帰省された生徒さんの東さん、近藤さん、石丸さんが特別特訓クラスでドレス作りに励みました(笑)

みなさん、一生懸命♪
朝10時~夕方6時半まで創作に励みました。
みなさん、100点満点♪♪♪
良く頑張りましたね。
また、東さんは、広島より帰って来て長い時間も頑張りましたね!(*^^*)
お疲れ様でした!



c0173826_23584357.jpg


c0173826_23584636.jpg


c0173826_23585235.jpg



尚、ドレス作り猛特訓クラスは、随時募集です。
習いたい方は、手をあげてください。

時間は、1日かかります。二名、三名までの限定クラスです。

完成した時の嬉しい顔が忘れられません。


\(^o^)/


[PR]
by gift-from-mom | 2015-08-14 23:51 | お教室
8月9日。長崎へ原爆、福山大空襲の日。
9日は、長崎へ原爆が落とされた日であり、福山大空襲の日でもありました。

下の文章は、あるブログからの抜粋です。

今、安保法案に向かって様々な、意見が有る中、実際に原爆を体験された方のメッセージが心に語りかけます。

私は、五年前に映画「GATE」を自主映画を開催しました。
長崎の原爆に会われ、今現在カトリックの神父になっておられる方の映画の中の語りが心に残ります。
「原爆が落とされ、しばらくすると身体に異変が起こりました。
最初は、赤痢だと思い、病院ではなくて、山深いところに、運ばれました。聞こえは、良いが、実は、皆、捨てられたんです。。」
と、戦争の悲惨さを語られました。。

では、読んでみてくださいませ。
また、皆様と分かち合いたいですね。。


********************

長崎で、原爆に被爆なさり、夫人を亡くされ、ご自分も被爆により43才で世を去られた長崎医大の医師、
永井隆さんが、二児に残された遺言です。
63年の時をこえて、肉声が伝わってくるように思います。


     ***


いとし子よ。

あの日イチビの実を皿に盛って、母の姿を待ちわびていた誠一(まこと)よ、かやのよ、

お母さんはロザリオの鎖ひとつをこの世にとどめて、ついにこの世から姿を消してしまった。

そなたたちの寄りすがりたい母を奪い去ったものはなんであるか。

原子爆弾。いいえ、それは原子の塊である。
そなたたちの母を殺すために原子が浦上にやってきたわけではない。
そなたたちの母を、あの優しかった母を殺したのは、戦争である。

戦争が長引くうちには、はじめ戦争をやりだしたときの名分なんかどこかに消えてしまい、
戦争がすんだころには、勝った方も、負けた方も、何の目的でこんな大騒ぎをしたのか、わからぬことさえある。

そして生き残った人々はむごたらしい戦場の跡を眺め、口を揃えて「戦争はもうこりごりだ。
これきり戦争を永久にやめることにしよう」

・・そう叫んでおきながら、何年かたつうちに、いつしか心が変わり、何となくもやもやと
戦争がしたくなってくるのである。

私たち日本国民は憲法において戦争をしないことに決めた。

我が子よ。憲法で決めるだけならどんなことでも決められる。

憲法はその条文通りに実行しなければならぬから、日本人としてなかなか難しいところがあるのだ。

どんなに難しくても、これは良い憲法だから、実行せねばならぬ。
自分が実行するだけでなく、これを破ろうとする力を防がねばならぬ。
これこそ戦争の惨禍に目覚めた本当の日本人の声なのだよ。

しかし理屈はなんとでも付き、世論はどちらへもなびくものである。

日本をめぐる国際情勢次第では、日本人の中から、「憲法を改めて戦争放棄の条項を削れ」と叫ぶ声が出ないとも限らない。
そしてその叫びにいかにももっともらしい理屈をつけて、世論を日本の再武装に引き付けるかもしれない。

もしも日本が再武装するような時代になったら、その時こそ、誠一よ、かやのよ。
たとえ最後の二人となっても、どんなののしりや暴力を受けても、きっぱりと戦争絶対反対を叫び続け、
叫び通しておくれ。

敵が攻めだした時、武器が無かったら、みすみす皆殺しされてしまうではないか、と言う人が多いだろう。

しかし、武器を持っているほうが果たして生き残るだろうか。
武器を持たぬ無抵抗の者の方が生き残るだろうか。

オオカミは鋭い牙を持っている。
それだから人間に滅ぼされてしまった。

ところが鳩は何一つ武器を持っていない。
そして今に至るまで人間に愛されて、たくさん残って空を飛んでいる。

愛で身を固め、愛で国を固め、愛で人類が手を握ってこそ、
平和で美しい世界が生まれてくるのだよ。
    
   
      ***


永井隆記念館HP
http://park10.wakwak.com/~cdc/nagasaki/nyokodou/
[PR]
by gift-from-mom | 2015-08-10 12:10
祈ってくださいませ。
c0173826_10530784.jpg


こちらの神社は、奈良県天川村天川弁財天神社です。
写真は、今年4月にお参りした時のものです。
緑深く、水脈の上に神社はあり、とても美しい神社です。

しかし、先日の台風の影響で、すぐ近くの山に亀裂が入り、避難勧告が一時出され、今もって近くのペンションは営業停止状態、神社へのお参りも自己責任でと言う状態です。


私の好きな神社。
こちらの弁財天様には、ご守護を頂き、願いも叶えてくださいました。


次に、台風が来たら、大変危険な状態と言うことになると伺いました。

皆様、ご一緒に、お祈りくださいませ。

また、今日は、長崎へ原爆が落とされた日です。
重ねて、祈りたいと思います。


心から。
[PR]
by gift-from-mom | 2015-08-09 10:47
8月6日
先日6日の日は、広島は、70年前に、原爆を投下された日でした。

私達は、小さい時から、平和について学んできました。
8月6日は、登校日でした。夏休み返上で、平和を学びました。

先日の6日。

その70年間消えることのなかった火が、私の手にやってきました。

友人は、岡野弘幹さんをお呼びして平和の祈りのコンサートを開催し、皆で祈り会いました。

また、このブログを通じて皆様とともに祈りたいと思います。

ご一緒に、明日の日本、地球の為に祈ってください。
戦後70年、二度と過ちは繰り返しませんと亡くなった人の前で、私達は、誓いました。。しかし、まだ地球から戦争がなくなりません。

福岡の星の村にある原爆の火は、かつて、原爆ドームの前にあった本屋を営む山本さんの住居でした。
家がどうなってるかと探しに行った折、焼け野原になった家の蔵に一月間も燃えていた火を亡くなった家族と思い持ち帰った山本さんのお婆ちゃんが、25年間1日もかかさず祈っていた火でした。

山本さんは、広島の地で苦しむ人が、殺して欲しいと歎願され、殺してあげたそうです。
彼は、いつかアメリカに仕返しをしてやる!と誓って火を見続けた25年間だったそうです。
しかし、私達と同じ思いをさせては、ならないと思った日から、その火は、平和の祈りの火となりました。


戦争のない日がきますように。
地球に生まれて来た限りにおいて、誰一人、寂しい思いや悲しい思いをしてはなりません。
飢えや貧しさがあっては、なりません。

自国の国だけでなく、世界の平和を思う時に、日本は、幸せな豊かな国になると思います。

皆様は、どう思われますか?
また、ご一緒に、分かち合いましょう!




c0173826_09472166.jpg



c0173826_09591898.jpg


その日、お空に見えた彩雲。
皆様のお幸せをも合わせてお祈りします。

心から。
[PR]
by gift-from-mom | 2015-08-08 09:37 | 平和
出来た~!
長々と、大変お待たせしてしまいました。
ご注文くださったテディベアが出来ました♪♪♪♪

c0173826_14504785.jpg



末永く可愛がってくださいませ。

この子は、たくさんの幸せを運びます(*^^*)


心から。



[PR]
by gift-from-mom | 2015-08-04 14:46 | 作品
8月1日♪
暑中お見舞い申し上げます。


「何でも、1日(おついたち)は、大事。」と育てられた私です。

昔の人の知恵は、大切ですね。
今では、亡くなった祖父母や、母に感謝でなりません。

今日は、新市の素戔嗚神社に参ってきました。

実は、先日、私の産すなの神様がスサノオ様だと調べて頂き、わかったばかりでした。

素戔嗚神社は、福山市新市の素戔嗚神社がそれはそれは有名だと伺いまして、1日に参って来ました。

c0173826_13555401.jpg

c0173826_13555818.jpg

c0173826_13560218.jpg


由緒ある神社でした。

涼やかで、凜としていた神社でした。

私は、小さい時は、喘息があり、父母をよく心配させました。

父の転勤も多く、新しい学校には、なかなか馴染めずよく虐められていました。

そんな私がどうにかこうにか生きてこれたのも神々様のお陰です。

今までの導きに、感謝を捧げ、今の私の大切な人達を思い、祈ってきました。


さあ~、夏は、暑いに決まってます。
皆さん~、乗り越えましょうね!!

c0173826_13592856.jpg


お身体、大切に。。。

心から。






[PR]
by gift-from-mom | 2015-08-01 13:40
  

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。
by gift-from-mom
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31