テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」

yuccobear.exblog.jp

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。

<   2016年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

1月が終わりましたね。

早いですね~。
1月が無事終わりました。
そして、今日出掛けてまさに戻りましたら、車の走行距離が、ジャスト。。。!
一年間、乗りました~。よく、走りました!
c0173826_19401553.jpg


c0173826_19401916.jpg


何か良いことありそうな。。。(*^^*)

そして、おかげ様で、今月はお誕生日月でした。生まれきたことに、感謝です。

「私は、正直に、素直な気持ちで生きているだろうか?」
「まっすぐな心で、創作をしているだろうか?」

「自分が人生を楽しんでいるだろうか?」

「周りの方々を大切に思い、感謝して生きているだろうか?」

「誰のせいでもない。たった一度の人生を精一杯、楽しんでいるだろうか?」

「そして、この美しく地球の為に、私達の仲間の為に、私は、お役にたてているだろうか?」

真摯な気持ちで、また、テディベアを創作して参りたいと思います。

c0173826_19402394.jpg

誕生日の日に!


皆様、こんな私ともう少しお付き合いくださいませ。

私は、日本人であり、地球人であり、宇宙人です。
全てを誇りに思っています。

そして、全てを、無限大に、超えて広がって生きていきたい。
















[PR]
by gift-from-mom | 2016-01-31 19:25

出来ました~!♪

今年最初に、私の手から生まれてくれた子たち。

大変お待たせしました。
やっと、送り出せます。

岡山県児玉市へ。ベア家族となりました。
c0173826_13424213.jpg


皆様のお幸せをお祈りいたします。

末永く可愛いがってくださいませね。

感謝です。





[PR]
by gift-from-mom | 2016-01-30 13:39

可愛い贈り物♪

  皆様お元気ですか?

   今週始まりは、福山は、めったに降らない大雪でした。

   朝、出かける前に、ふと外を見ると真っ白の銀世界でした~~~~~~!!

   「出かけるのにどうしようか?」

    と。慌ててしまいましたが、電車が動いていたんです。

   それも、東方面でしたから、問題なし!

  
   雪は、マリア様の祝福の印なんです。

   鎌倉には、「雪の下教会」という名前の教会があるくらいです。

   ・・・・・8月15日のマリア様の祝い日があるんですが、
       「真夏、雪が降る場所に教会を建てよ」という聖母マリアのお告げどおり、 
        356年8月に雪が降ったという奇跡の場所イタリアに聖マリア・マジョリカ教会があります。

   さてさて、その日は、私の誕生日でした。

  祝福の雪のプレゼントをもらったようで嬉しく思って過ごしました。

  感謝ですね。

  さて、それから、Gaby先生から、また可愛い写真が届きました。

  こんな可愛い写真です。

  
c0173826_203858.jpg


  なんだか、見ているだけで、ほっこりとなりますね。。。。

  こんな可愛い写真を見て、寒い冬を温かくお過ごしくださいませ。


さてこちらの写真は、韓国。明洞にある教会のマリアさま。祝福の光を皆様に!

c0173826_08484245.jpg


いつも、私の為に祈ってくださる方に、感謝です。

心から。










  

  

  

   
[PR]
by gift-from-mom | 2016-01-29 19:33 | お勧め

夢を叶える方法 第二♪

  皆様は、OSHO カードというのを知っておられますか?
   
 OSHO とは、現在インドに住む思想家・神秘家の一人です。数々の本が世界中に翻訳されています。
 そして、こちらは、彼の教え、つまり悟りをカードにしたものです。
 今日は、夢を叶える方法のひとつに、冒険心を皆様と分かちあいたいと思います。。。。

c0173826_1111717.jpg


  このカードは、「虹 ペイジ Adventure 冒険」

以下は、OSHO によるメッセージより引用

ほんとうに冒険心に満ちあふれていると、私たちはまさにこの子どものように進んでいきます。
信頼に満ち、森の暗闇を抜けて虹の光のなかへと、驚きの感覚に引かれて一歩一歩、
未知なるもののなかへと入って行きます。
ほんとうの冒険は計画や地図やプログラムや組織とはまったく関係ありません。
「虹のペイジ」は、家でもオフィスでも、大自然のなかでも都市のなかでも、
創造的なプロジェクトでもほかの人たちとの関係でも、
どこであろうとも私たちのところに訪れることのできる、ある質を表わしています。
私たちが子どものもつ信頼のスピリットで、無垢なまま、心を開いて、感受性豊かに、
新しい、そして未知なるものへと入っていくときはいつも、
生のもっとも小さなことですら最大の冒険になりえます。

禅は、こう言っている——

個人的な<知>の探求は、危険をともなうひじょうに、ひじょうに不確かなものだ。
それを保証することは誰にもできない。
もし、保証できることがなにかあるのかと聞かれたら、
私はなにひとつ保証できないと言うしかない。
私には危険しか保証できない。
それだけは確かだ。

道に迷ってしまい、けっしてゴールには行き着かないかもしれないという、
そのあらゆる可能性をともなった長い冒険しか保証できない。

だが、ひとつのことは確かだ。
探求そのものが、あなたの成長を助けてくれる。
私には、成長しか保証できない。
そこには危険があるだろう、犠牲があるだろう。
あなたは毎日、未知なるもののなかへと、地図に描かれていないもののなかへと
進んでいくことになる。
辿る地図もなく、従うガイドもいない。

その通りだ、数限りない危険があり、あなたは道に迷い、自分を見失ってしまうこともありうる。
だが、人はそうやって成長するしかないのだ。

不確実だということが、成長するための唯一の道だ。
危険に直面することが、成長するための唯一の道だ。
未知なるものの挑戦を受け入れることが、成長するための唯一の道なのだ。



****************
  
  私は、このカードをとても美しく。そして力強く感じました。

  皆様は、どのように感じられますか?

  まさに、この幼い子どものように、暗闇の中を一歩づつ歩くように、

   恐いけれど、勇気をもって、

   そして、傷だらけになったとしても、
   
   進む道の先に、見てみたい景色があるのだと言う自分の好奇心に素直に従い、
    
    ただひたすらに、歩いていきたいと思うのです。

    例えば、それが、実際に行き着く先が、結果的に期待と違ったとしても、良いのです。

    世の中のせいでも、誰かのせいでもない。

    自分自身の人生のために。

   

    リスクを恐れず、冒険という未知なる道を歩くこと。
    それが、夢に向かう方法のひとつかと。。。


  





   


   
[PR]
by gift-from-mom | 2016-01-24 11:11 | 感性

夢を叶える方法♪

私は、めったにテレビを見ないのですが、
昨日、テレビを見ていて夢を叶えた方のお話しを聞きました。


夢を叶える方法は、

まずは、好奇心。

次に、勇気と信頼。

そして、あきらめないで続けること。


と、話されました。

なるほど~~。(^_-)-☆

子供頃には、誰もが持っていた心ですよね。

私はね、

自分が自分に対して「夢を叶えて良いのだ」と、許可してあげたいと思います。


やってみましょうかね!

実践あれ~!\(^o^)/

c0173826_13212469.jpg



テディベアとともに。

また、皆様の夢をお聞かせくださいませ。


心から。



[PR]
by gift-from-mom | 2016-01-20 13:16 | お勧め

オーダーメイド♪

さて、私の創作ベビーちゃんは、目を閉じている子が特徴でしたが・・・・・。

このたび、ご注文頂きましたお客様がお店に飾りたいと言うことで、目がぱっちりと開いている子をと、ご注文頂きました。

そして、生まれてきました(*^^*)


なかなかの子でしょう?☆


私もひさびさに目が開いているベビーちゃんに、出逢いました~。

「目を開けたら、こんなお顔だったんだー!」と、会話をしながら、喜んでいる私です♡

もう少しで完成~♪
これから、肉球を作ります。

今、しばらくお待ちくださいますように。

私の年明け最初の作品は、開眼の女の子なり~♪
なかなか縁起が良いですね。

c0173826_15513197.jpg


\(^o^)/



[PR]
by gift-from-mom | 2016-01-18 08:21 | 作品
これは、スティーブジョブズの最後に残したメッセージです。

遠く友人が、送ってくれた文章です。

とても、心に響いてきたので、皆様と分かち合います。
皆様は、どのように感じますか?

死を感じる時は、生きることを感じる時。

神様からの贈り物。

必ず誰もが、死を体験するだろう。

どのように死ぬかと思う時は、どのように生きるかと言うことを思う時。

あなたの心が再び輝く時。。。

私達は、身体ばかりでなく、心を大切にする必要がある。

身体、心、魂は、ひとつだから。

私は思う。

どんな時も、心は、自由。

開け放たれた窓のように。

風や広い空を感じて、味わって、

心の制限を外していく。

自分の人生の為に。



********************


STEVE JOBS Last Words
スティーブ・ジョブズ最後の言葉


I reached the pinnacle of
success in the business world.

私は、ビジネスの世界で、
成功の頂点に君臨した。



In others’ eyes, my life is an epitome of success.

他の人の目には、
私の人生は、
成功の典型的な縮図に見えるだろう。



However, aside from work, I have little joy.
In the end, wealth is only a fact of life that
I am accustomed to.

しかし、仕事をのぞくと、
喜びが少ない人生だった。

人生の終わりには、
富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。



At this moment, lying on the sick bed and
recalling my whole life,
I realize that all the recognition and wealth that
I took so much pride in, have paled and become
meaningless in the face of impending death.

病気でベッドに寝ていると、
人生が走馬灯のように思い出される。

私がずっとプライドを持っていたこと、
認証(認められること)や富は、
迫る死を目の前にして、色あせていき、
何も意味をなさなくなっている。



In the darkness, I look at the green lights from
the life supporting machines and hear the
humming mechanical sounds,

この暗闇の中で、生命維持装置の
グリーンのライトが点滅するのを見つめ、
機械的な音が耳に聞こえてくる。



I can feel the breath of God and of death drawing closer…

神の息を感じる。

死がだんだんと近づいている。。。。



Now I know, when we have accumulated
sufficient wealth to last our lifetime, we should pursue
other matters that are unrelated to wealth…

今やっと理解したことがある。

人生において十分にやっていけるだけの
富を積み上げた後は、
富とは関係のない
他のことを追い求めた方が良い。



Should be something that is more important:

もっと大切な何か他のこと。


Perhaps relationships, perhaps art,
perhaps a dream from younger days ...

それは、
人間関係や、
芸術や、
または若い頃からの夢かもしれない。



Non-stop pursuing of wealth will only turn
a person into a twisted being, just like me.

終わりを知らない富の追求は、
人を歪ませてしまう。

私のようにね。



God gave us the senses to let us feel
the love in everyone’s heart, not the illusions
brought about by wealth.

神は、誰もの心の中に、
富みによってもたらされた幻想ではなく、

愛を感じさせるための「感覚」
というものを与えてくださった。



The wealth I have won in my life I cannot bring with me.

私が勝ち得た富は、(私が死ぬ時に)
一緒に持っていけるものではない。



What I can bring is only the
memories precipitated by love.

私が持っていける物は、
愛情にあふれた思い出だけだ。



That’s the true riches which will follow you,
accompany you, giving you strength and light to go on.

これこそが本当の豊かさであり、
あなたとずっと一緒にいてくれるもの、

あなたに力をあたえてくれるもの
あなたの道を照らしてくれるものだ。



Love can travel a thousand miles.
Life has no limit. Go where you want to go.

Reach the height you want to reach.
It is all in your heart and in your hands.

愛とは、何千マイルも超えて旅をする。
人生には限界はない。

行きたいところに行きなさい。
望むところまで高峰を登りなさい。

全てはあなたの心の中にある、
全てはあなたの手の中にあるのだから



What is the most expensive bed in the world? -
"Sick bed" …

世の中で、一番犠牲を払うことになる
「ベッド」は、何か知っているかい?

シックベッド(病床)だよ。



You can employ someone to drive the car for you,
make money for you but you cannot have someone
to bear the sickness for you.

あなたのために、
ドライバーを誰か雇うこともできる。

お金を作ってもらうことも出来る。

だけれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は
見つけることは出来ない。



Material things lost can be found.
But there is one thing that can never be
found when it is lost – "Life".

物質的な物はなくなっても、
また見つけられる。

しかし、一つだけ、なくなってしまっては、
再度見つけられない物がある。

人生だよ。
命だよ。



When a person goes into the operating room,
he will realize that there is one book that he has
yet to finish reading – "Book of Healthy Life".

手術室に入る時、
その病人は、まだ読み終えてない
本が1冊あったことに気付くんだ。

「健康な生活を送る本」



Whichever stage in life we are at right now,
with time, we will face the day when the
curtain comes down.

あなたの人生が
どのようなステージにあったとしても、
誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。



Treasure Love for your family,
love for your spouse, love for your friends...

あなたの家族のために
愛情を大切にしてください。

あなたのパートーナーのために、

あなたの友人のために。



Treat yourself well. Cherish others.

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。

他の人を大切にしてください。




追伸
そしてティムクックに、送った言葉が、

「スティーブならどうするだろ?」
と、考えるな!



c0173826_03040883.jpg

[PR]
by gift-from-mom | 2016-01-15 02:42
Gaby先生の30周年アニバーサリーベア“Leo”がはるばるドイツよりやってきた~♪♪♪

こちらのブログにも載せたことがありますが、私のテディベアの恩師のGaby先生の創作30年記念ベアです。
テディベアにライオンのコスチュームが付いています。

テディベアのように、優しく。そして、時には、ライオンのように強くというGaby先生の今までの創作に対する姿勢で先生の手から生まれて来たテディベアでした。

ちなみに、私事ですが、今年の年賀状のご挨拶にこの写真を使わせて頂いています。
私も、先生に見習いたいとの気持ちをこめてでした。
c0173826_09055824.jpg


ご注文された方には、お待たせいたしました~(*^^*)

丁度、着いた日は、お教室の日。

まるで、テディベアの“Leo”君がサプライズで現れたかのようでした!

それぞれの自分の“Leo”を抱きしめて、喜んでくださった皆々様でした。

素敵な笑顔ですね♪♡

c0173826_08502699.jpg


ドイツのお話しをたくさん聞いてくださいませね。

尚、こちらは、15体限定記念ベア。
すでに、ご注文は、締め切らせて頂いております。

ありがとうございました。


藤本






[PR]
by gift-from-mom | 2016-01-14 08:40 | ドイツ

飛行船やって来る♪

飛行船が、アトリエにやって来た~!♪♡(*^^*)

なんだか嬉しくて、嬉しくて。。。

ウキウキして来る~!♪

一目ぼれしたんだよね!♡

心をわしづかみされたんだよね。。。

これで、どこでも、行きたいところに行けるよね*^^*

さあ~!
時間を超えて、空間も超えてっと。

タイムマシンなり~♪♪♪(笑)(*^^*)

c0173826_10180602.jpg




♪♪♪♪



[PR]
by gift-from-mom | 2016-01-13 10:10 | お勧め
皆様。如何お過ごしでしょうか?

ここ数日、福山は、日中は暖かい日が続いています。まるで、小春日和のような穏やかで、暖かい気候です。
皆様におかれましては、如何お過ごしでしょうか?

グレゴリオ暦では、新年あけていますが
旧暦では、
本日1/10は、「師走」月のはじまりです。

実はこの師走という言葉にはいくつかの説があり
まだはっきりしないことが多く正確にはわかっていませんが

師走は、「し」が「果す」
つまりは「し」が終わることを指します。
「し」とは「仕事」や「四季」、「年」を意味しており、
一年の最後の月という意味合いです。

「走」の文字は古くは祭祀用語で
先駆けとして道を祓うことを意味します。

昔の人々は空から舞い降りる雪を「花」と呼び
土地の精霊が降らせる豊作の兆しとして見ていました。

古人の人々は、風情がありました。
もともと人は、感性と言う賜物を神様から頂いて生まれてきていると思います。
その中で、一番の感性の贈り物は、愛を感じることではないでしょうか?それが、一番の平和への近道のように感じます。

私達は、愛を感じる感性をもっともっと自分に許可を与えてあげる必要があるように思います。
特に、自分を大切にする心ですね。


さて、

私には、テディベアの師と同じくらいに、大切な心の師と思っている先生がおります。私の中の感性を深く掘り出す作業を導いてくださったと言っても過言ではない先生です。

先生には、この時期、東京よりお越しいただき、ペンジュラムのワークショップをして頂きました。

参加された皆様には、本当に良い一年の締めくくりであり、新たなスタートになったことと思います。

c0173826_20084096.jpg

本当に、気持ちの良いお天気に恵まれました。

先生が、ひとりひとり丁寧にご指導くださいました。
呼吸を深くして、心を静かにしたならば、自分の心がだんだんにニュートラルになっていきましたね。
皆様の笑顔に、私も嬉しく思いました。

*先生と皆様。

c0173826_08114811.jpg


c0173826_07484967.jpg

先生、橘川社長様、お疲れ様でした。
また、是非福山にいらしてくださいませ。

また、株式会社エルアウラ様には、このような機会を作ってくださいまして、ありがとうございました。
この場をお借りしまして、心より御礼申し上げます。


藤本

[PR]
by gift-from-mom | 2016-01-11 19:38 | 平和