テディベア作家の日常~テディとともに♪「テディベア物語」 yuccobear.exblog.jp

母から子へ、そして愛する人へ。TeddyBearは何十年もの歳月をかけて時の旅をしていくのです。


by gift-from-mom
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 皆様へ

 大変、お待たせいたしました。

 やっと、たくさんの方のお世話になり、福山上映という運びになりました。

 私はこの映画を昨年の11月30日に東京の友人主催の豊島区民センターで初めて観ました。映画を見終わった後深い感動が今でも心に刻まれています。

 この映画はドキュメンタリー映画です。

 映画の中に、一人の白髪の老人がスピーチしています
 「私は幼いときに原爆に会い、親、兄弟親戚をなくしました。
  18歳の時、復讐のためにアメリカに来ました。
  でも、今、私は平和活動家となりました。
  私の話を聞いて下さる方は、聞いてください。
聞きたくない方もいるでしょう。それもいいでしょう。

  何も人の心を破壊するのは、核だけではありません。
  人の心の中にある復讐心は、人を破壊していきます。」と。

 この映画は、反核でも反戦でも抗議でもありませんでした
 
 それから、もうひとつこの映画を見る前は、マイケルジャクソンの「THIS IS IT」を観て、これも心の中に残っています。

  「誰かがやるのを待っているのではなくて、今、自分が変わること」

 私の中では、流れの中で「GATE」という映画に出逢ったのは必然だったと感じています。
 
 また、この映画をとうして大勢の方がたと繋がる喜びと分かち会い 
を共有したいと願っております。

 たくさんの方のご来場を心からお待ちしています。

 

 *******************************
正式HP http://www.gate-movie.jp/

監督 マット・テイラー 
NGO法人 世界核兵器解体基金(GND Fund)代表


 2010年 5月28日(金)
   18:00開場 18:30上映

場 所  広島県民文化センターふくやま(大ホール)
       福山市東桜町1番21号 
       ℡ 084-921-8200
     *福山駅より徒歩5分 福山市役所北側

入場料  999円
     (全てGNDに寄付されます。会場の規定により1000円以内ですと格安ということでこの価格になりましたが、1円のご寄付をあわせ、1000円としていただけると有難いです。)

後 援  中国新聞備後本社
     中国放送
     エフエムふくやま


チケットのお問い合わせ   info@gate-movie.jp
( その際には、件名に「GATE」福山上映会チケットと明記してください。)

            
[PR]
# by gift-from-mom | 2010-03-07 10:01
お寒い中お足を運んでくださった方へ

テディをおつなぎさせて頂いたお客様へ

私を支えてくれた東京(関東方面)の友へ

三越で働いていらっしゃったスタッフの方へ

福山で応援してくださった友や生徒さんへ

何よりこのたび声をかけてくださったアリサ・渡辺さんへ、

自由が丘の「BEAR’S KISS」 の中田さんへ

このブログを見て応援してくださった皆様へ

そして私の家族へ


お蔭様で、たくさんの方に喜んで頂けた作品展示会であったことをお知らせして、感謝にと代えさせて頂きたいと思います。

本当にありがとうございました。皆様に支えられての今がある私です。

また、日本橋三越という老舗でのお仕事は、本当にいい刺激になりまた、お勉強になりました。
デパートの中には歴史を感じされられる美術品の数々で、またパイプオルガンがあって、私の知っている限り、パイプオルガンがあるのは、日本橋三越さんだけではないでしょうか?!
一日、3回のオルガン演奏は、緊張感のある中でも心を緩めていただけた音となりました。

お客様に夢をお届けする。この心意気があちらこちらで見受けられます。
私もテディを創作するにあたって、夢を届けるお仕事だと常日ごろから思っていますから、本当にいい体験でした。

世の中不景気であるような感じですが、ここでは不景気が感じられません。そんなことをここで言いますと誤解もあるかと思いますが、私はいつの時も文化というのはとても大事に思いますし、歴史をみていてもこの文化が支えてきたと言ってもいいかと思っています。
文化の粋をいっているような文化の香りのするデパートです。

私は本館の5階の趣味・雑貨コーナーでのお仕事となりました。文房具などのあるところですが、
実は、2週間ほど引き続き、こちらで私のテディとアリサ渡辺さんのテディとピーターラビットが展示販売されております。是非、足を伸ばしてやってください。

こちらでは、「クラフトマンたちが建てた家」と題して、アーティスト達の作品展示会もあり、その中には
楽器であるヴァイオリン・二胡、そして、ギターや三味線も製作者さんが展示してあり、体験会もあって
連日音楽会のような感じでした。

その中で私は、音楽とともにテディの実演創作を気持ちよくさせて頂きました。

職人のアリサ・渡辺さんとご一緒にお仕事させて頂くことは、素晴らしい体験となりました。

今後の予定は、4月ドイツのテディベアトータルに行って参ります、そのときは世界中にも有名な作家さんであるガビィ先生にベアを学ぶ機会を与えていただいております。

今一度、初心に戻り、
自然をテーマに、「人に優しいテディ」を創作してしていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします^^


心から、感謝をこめて。

(写真は、三越での様子と、三越デパートの入り口のライオン、デパート内の天女像、その天女像の後ろにオルガンが見えますね。)
c0173826_11283216.jpg
c0173826_11285385.jpg
c0173826_11291138.jpg

[PR]
# by gift-from-mom | 2010-02-25 11:41

いよいよ旅に♪

来週から東京、日本橋三越にて作品展そして実演が始まります~。

一同にアトリエのテーブルに並べてみました。

とても、いい子達がいつになく生まれてきてくれたように思います。

最後に出来た「キング オブ テディ」は43cm。王冠をかぶり、羽があります。

羽をつけているときに、その子から発するオーラ、七色の虹を見せてくれました。

そして「プリンセス オブ テディ」は、レースのドレスを着て、頭にはレースたっぶりの花飾り
そして、お目めがぱっちり、なぜかというと。。。。
見てのお楽しみです。

また、ヴァイオリンを弾くテディもとてもいいです。オルゴールを内臓しました。

曲目は「アメージング・グレイス」♪~"would you like a music?"

それから、それから、白いシリーズの子達は、また愛らしいです。

地球をもっている子、お花の妖精から生まれた子、全てこの地球を意識した時に

出てきてくれました。

私たちは、この素晴らしい地球に生まれ、人々と出会い、心の豊かさを学びに来ているかもしれませんね。




それでは、

みなさん、お待ちしています。

心から。

c0173826_1175974.jpg

[PR]
# by gift-from-mom | 2010-02-14 11:10
自由が丘「BEAR’S KISS」にて、お教室が始まりました。
写真は、そのお教室の風景です。(1月30日、31日でした)


みなさん、真剣にそして楽しく創作に励みましたよ^^!
出来上がったときの喜びのお顔は、こちらも和みますね~~~~♪


c0173826_2313341.jpg
c0173826_232510.jpg
c0173826_2321855.jpg
c0173826_2323856.jpg
c0173826_2325895.jpg


次回は、3月の予定です。
また詳細が決まり次第お知らせしますね~。

これからも、定期的にお教室をする予定です。一日3名までの少数人数でのレッスンです。
基本をキチンとお伝えします。

または「BEAR’S KISS」さんにお問い合わせくださいね。
http://www.bears-kiss.com/
[PR]
# by gift-from-mom | 2010-02-03 23:09 | お教室
さて、今月17日から始まる日本橋三越での二人展での打ち合わせに行ってきました。

日本橋三越のHPhttp://www.mitsukoshi.co.jp/shop?EcLogicName=storeinfo.storetopInfo&tenpoCd=10

日本橋三越デパートに初めて訪れる私の感じは、老舗デパートの重みを感じてきました。

ここでテディの作品展をさせて頂く重みも感じて来ました。

こちらでのご縁は、ご一緒に展示会をさせて頂く渡辺妙子さんのご紹介です。

彼女は、ピーターラビットのライセンスを持っていらっしゃるARISAのオーナーです。

ピーターラビットのライセンスを習得するには、大変厳しい審査がありますが、そこをパスされて何年もされている方です。

その彼女から、このたび教えて頂いたことがあります。

「ゆっこさんは、縫い針を数えていますか?」

「私の工房では、針係りがいます。毎日、終わるときに針チェック係りがいて、チェックします。それは、万が一に創作したものに針がささっていることがないためですし、また、何かあったとしてもきちんとキチンと説明をするためです。」

「デパートでは、そんな万が一の事故は絶対的に回避しなければなりません。それが、職人としての責任であり、信頼です。」

つまり、どんなに可愛くできあがっても、針があっては、とんでもないことです。
私も常日ごろ針の扱いには、最新の注意を払っていますが、あらためて肝に銘じました。

このデパートでは、一軒華やかに見える品々の中で、どれだけの目には見えないものを大事にされてきたかをひしひしと感じられました。

信頼と、伝統とはそのようなものかもしれません。

一日ではなく、何十年と大切にされてきたものです。

私は、東京へ行くときは、新幹線で架線事故に遭遇し、l京都で2時間半も待たされました。
それが後日ニュースで、ボルトの止め忘れである人為的事故だと知りました。何事も怪我人もなく良かったものの、これが大事故へとつながる恐れもあったわけです。

そして、私は、渡辺さんの言葉から、日本橋三越デパートと重なり、職人としての心構えを学びましたし、言葉の深い意味を身体全部で受け取りました。

とても大切なことを学び、そして教えてくださる方が側にいることを幸いに思います。
私は、本当にいい友人に囲まれています。有難いことです。

ますます創作に頑張りたいと思います。

三越で、皆さんに会えますことを楽しみにしています~~~~♪
[PR]
# by gift-from-mom | 2010-02-02 19:40